ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

ラブラドールやジャーマンシェパードが活躍『きな子 見習い警察犬の物語 実話』【犬映画】あらすじ

ラブラドールやジャーマンシェパードが活躍『きな子 見習い警察犬の物語 実話』【犬映画】あらすじ

2010年に公開された『きな子〜見習い警察犬の物語〜』は、ラブラドールやジャーマンシェパードが活躍する犬の映画です。警察犬を育成する訓練士と犬たちの物語は心が温まり、犬たちが遊んでいる姿も見どころですよ。それでは、あらすじや感想を紹介します。

1.あらすじ「きな子〜見習い警察犬の物語〜 」

ラブラドールやジャーマンシェパードが活躍『きな子 見習い警察犬の物語 実話』【犬映画】あらすじ

(C)2010「きな子/見習い警察犬の物語」製作委員会

杏子の父は警察犬の優秀な訓練士。幼かった杏子は彼のような訓練士になりたいと思っており、大人になってから番場の訓練所を訪ねます。朝5時から仕事を始める杏子ですが、犬の食事の用意から散歩、糞の掃除などで一日はあっという間…深夜0時にやっと仕事を終えるのでした。
杏子は所内で元気の無いラブラドールを発見。きな粉色だったので、「きな子」と呼ぶようになり、警察犬にしたいと番場に言いに行きました。しかし、雑用続きで訓練する暇がありません。杏子はいつもよりも早く起きてきな子を訓練するようになり、それを見ていた先輩の渉や、番場の家族も応援し始めます。番場の娘・新奈は杏子に手厳しいことを言いつつも、見守っていました。

2年目の春。綾川署から警察犬の出勤命令が出て、番場と渉はスムーズに任務遂行。訓練士として優秀な渉の独立も近いと思われていました。しかし、渉は書き置きを残して番場の元を去ってしまいます。彼は父の大切にしていたうどん屋を継ぐ決意をしたからです。渉が育てていたジャーマンシェパードのジャックは塞ぎ込み、番場は独立祝いに用意していたお金を渉に私に行きました。渉は父と同じ味のうどんが作れず悩んでいましたが、番場の励ましを得て頑張ろうと思ったのです。

ラブラドールやジャーマンシェパードが活躍『きな子 見習い警察犬の物語 実話』【犬映画】あらすじ

(C)2010「きな子/見習い警察犬の物語」製作委員会

杏子は番場に言われて訓練発表会に出席。きな子に指示を出してジャンプをさせるのですが、きな子は頭から着地してしまいます。恥をかいたと杏子は言うと、番場はきな子のせいではないと叱咤しました。発表会の様子を放映していたテレビ局に、きな子を応援するメッセージが多数届きます。杏子は必死にきな子をしつけ、警察犬の試験日当日を迎えました。同じ匂いのする布を取ってくるという試験でしたが、4回のチャンスはどれも失敗…杏子が嘆いていると、きな子が倒れてしまいます。
番場はきな子の今朝の様子はどうだったかと杏子に問うと、彼女は試験のことで頭がいっぱいだったと言うのです。番場は彼女を叱り、きな子を動物病院へ。幸い、命に別状はありませんでしたが、獣医師は「あの状態でよく試験を受けれた」と語るのでした。杏子は戻ってきたきな子と共に一夜を過ごします。

ラブラドールやジャーマンシェパードが活躍『きな子 見習い警察犬の物語 実話』【犬映画】あらすじ

(C)2010「きな子/見習い警察犬の物語」製作委員会

後日、きな子は地域の園児のイベントに呼ばれ、サンタクロースの格好をします。杏子はその姿を見て、きな子は地域のアイドル犬になる生き方が合っていると考えました。彼女は訓練士を辞め、実家に帰りました。
ある日、新奈は杏子がいなくて寂しがるきな子を連れて彼女の実家へ向かいます。新奈は山で足を滑らせ、足をくじいてしまいました。きな子は雨に振られながらも山道の行ける所を探して走り、杏子の元へ。彼女は番場の妻から電話をもらい、新奈がいないと聞いていいたため、きな子に付いていきます。必死に探した結果、新奈を発見。警察犬を連れた番場たちも合流し、2人は保護されました。杏子はもう一度、訓練士になるチャンスが欲しいと懇願し、再びきな子と共に警察犬の試験を受けるのです。

2.感想「きな子〜見習い警察犬の物語〜 」

犬たちの名シーン

ラブラドールやジャーマンシェパードが活躍『きな子 見習い警察犬の物語 実話』【犬映画】あらすじ

(C)2010「きな子/見習い警察犬の物語」製作委員会

きな子の名シーンは、地元のアイドル犬として色々なイベントに出席する時の姿も見どころですね。遊園地でのりものに乗ったり、お寺で記念撮影や一日署長として呼ばれたりするのです。引っ張りだこになりつつも、可愛らしい姿を見せてくれました。
ラストのきな子が新奈を助けに行く姿も印象的。山を全速力で駆け、障害物を飛び越えたり、山を頑張って登ったりするのです。凛々しいきな子の姿は応援したくなりますよ。
一方で渉とジャックの組み合わせは頼もしい!ジャーマンシェパードのジャックはとても凛々しく、渉の指示を的確にこなしていく姿がカッコよかったです。

警察犬のエピソードが良い

警察犬と訓練士の温かいエピソードや大変な訓練士・仕事について詳しく知れた犬の映画でした。冒頭で杏子が子供の頃に父とエルフの話を聞いており、「人より6000倍も優れた嗅覚を活かして人探しなどを行います」という知識も紹介してくれるのが良いですね。
他にも、犬の糞の大切さを最初に番場から教わる杏子。犬は自身の不調を主張できないからこそ、訓練士は糞を観察して気付かねばならないのです。犬や動物と共に過ごす上で大切なことを教えてくれました。

杏子ときな子の話は心温まる

番場の元で働くことになった杏子は、元気の無いきな子に出会います。警察犬になるには厳しいと言われていたきな子に、杏子は手でご飯をあげたり、同じラブラドールのエルフ(父が育てた警察犬)の話をしたりするのです。元気になるようにと励まされたきな子は食欲を取り戻し、杏子はきな子を警察犬に育てると言うのでした。そうした心温まるエピソードから始まりつつ、トレーニングが上手くいかない大変さも伝わってきます。
杏子は「きな子を警察犬にしなければ、厳しい訓練もせずに済んだ」と思い悩み、校庭で走り回って遊ぶきな子を見て地元の人に愛される生き方の方が良いと苦悩する姿も心に残りました。

3.まとめ

杏子ときな子の出会いから、広々とした公園で遊ぶ姿、トレーニングと試験に努める姿など、幅広く見せてくれたのが映画『きな子〜見習い警察犬の物語〜』です。訓練士としての苦悩、警察犬の凛々しさなど見どころが多いので、老若男女問わずにオススメできる犬の映画です。

 

 

出演者[編集]

wiki:きな子〜見習い警察犬の物語〜

 

 

【感動】泣ける犬映画まとめを見る