ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬にみかんなどを与えるときの注意点|下痢になるってホント?

犬にみかんなどを与えるときの注意点|下痢になるってホント?

犬にみかんを与えても大丈夫なのか(下痢になるのか)、与えるときにはどんな事に注意すべきなのかといった事について解説します。また、みかん以外の果物に関しても紹介しますので併せてご覧ください。ただ、いずれにしても「ドックフードを普通に食べさせることが一番大事」という事は確かですので忘れないでください。

犬はみかんを食べると下痢になるの?食べるときのポイントは?

みかんには犬に悪影響を与える成分は基本的に入っていません。
普通に食べただけで下痢になることはありません。

みかんにはビタミンCが豊富に入っていますし、犬にとっても悪いものではないと言えます。

ただし、犬はそもそも体内でビタミンCを作り出せる生き物ですので(人間はビタミンCを作り出せません)、みかんによって劇的に健康になることはないでしょう。

しかし、常備薬がある犬や老犬に関しては、ビタミンCが足りなくなることもあります。
ですから、該当するワンちゃんを飼っている場合は、みかんが効果的になる事がないとは言い切れません。

続いては、犬にみかんを与えるときの注意点を紹介します。

注意点1:食べさせ過ぎ(下痢)に気を付ける

みかんには水もたくさん入っていますよね。
ですから、犬に食べさせすぎると下痢になってしまう可能性があります。

また、みかんには食物繊維も多く含まれていますから、犬が食べると消化されないまま排泄される場合もあります。
そんな状態の便を出すのは、ワンちゃんにとって良いことではありません。

注意点2:犬が食べられるのは果肉だけ

みかんの種や「外の厚い皮」には、犬に悪影響を与える成分が含まれています。
ですから、犬にみかんを与える際は「果肉だけ」を心掛けましょう。

ただし、「内側の薄皮」なら犬が食べても平気ですから、熱心に取り除く必要はありません。
(でも、余裕があればできれば取り除くべきだと思います)

ちなみに、みかんに限らずほとんどの柑橘類の「外の厚い皮」には、「ソラレン」という成分が入っています。
犬がソラレンを摂取しすぎると、下痢や吐き気(または実際に吐く)に見舞われる恐れがあります。

注意点3:みかんアレルギーに気をつける

これもみかんに限りませんが、みかんに対してアレルギーを持っている犬も存在します。
ですから、最初はちょっとずつ食べさせるようにしましょう。
もしもワンちゃんの様子がおかしくなった場合は、すぐに動物病院に行くことをおすすめします。

下痢は平気そうだけど……犬にみかんを食べさせる必要はあるの?

「あえて犬にみかんを食べさせなければならない」という事はありません。
ビタミンCなどのメリットもありますが、犬は体内で作り出せますしね。
「でも、ウチの犬は老犬だからビタミンCが足りないかも!」という場合も、みかんを食べさせる前にまずは動物病院で相談するべきです。

結論を言いますと、
「みかんを食べさせてもいいけれど、必須ではない」という事ですね。

犬にとっては「市販の質の良いドッグフード」が一番の健康食品ですから(栄養バランスもいいです)、
「みかんを与え過ぎて、ドッグフードの量が減る」という事がないようにしましょう。
ドッグフードなら、下痢になることもまずありませんしね。

みかん以外の果物は犬にとってどうなの?下痢は?

みかんについては以上のとおりですが、他の果物についてはどうなのでしょうか。
(いずれの果物に関しても、『ドッグフードを優先すべき』という事に変わりはありません)

果物1:リンゴ

リンゴにはカリウムが豊富に入っていますから、「犬の腎臓病を改善できる」などの説があります。しかし、実際にはそこまでの効果は望めないという事を覚えておきましょう。

ただし、アレルギーや食べ過ぎにさえ注意すれば、リンゴを犬に与えても問題ありません。下痢に見舞われることもまずありません。

ただ、みかんと違って硬いですから、窒息に気を付けなければなりません。
細かくカットしても良いですが、すりおろすほうが楽だと思います。

また、柑橘類ではないわけですが、皮は取るほうが無難です。

果物2:バナナ

犬はバナナを食べても平気な生き物です。
下痢や嘔吐の心配もありません。

ただし糖分が多いですから、他の果物以上に食べさせ過ぎには注意してくださいね。
もちろん皮を食べさせるのはNGです。

また、犬は甘いもの(甘い匂い)を非常に好みますから、
「どうせたくさんは食べさせられないのだから、最初からバナナの味や匂いを覚えさせない」という考え方もアリだと思います。

果物3:ぶどう

みかんなどとは違って、ぶどうは犬にとってかなり危険です。
何があっても犬には食べさせないでください。
(レーズンについても一緒です)

最悪の場合、ぶどうを食べたワンちゃんが腎不全になる恐れがあります。
そうでなくても少量で酷い嘔吐や下痢に見舞われるかもしれません。

果物4:グレープフルーツ

「みかんを食べさせるときの注意点」とほぼ同じことを意識すれば、犬に与えても大丈夫です。

ただし、薬を飲んでいる犬にグレープフルーツを与えるのは厳禁です。
薬の分解が、グレープフルーツの「フラノクマリン」という物質によって阻害されて、薬の効果が強くなりすぎる恐れがあります。

まとめ

犬にみかんを与えるときの注意点でした。あえて食べさせる意味はありませんが、特別な理由があれば与えてみても良いでしょう。ただし、食べさせ過ぎると下痢になる恐れがあるので気を付けてください。また、「外の厚い皮」は必ず取り除きましょう。
他の果物についても解説しましたので、参考にしていただけると幸いです。