ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬に市販の安いドッグフードを食べさせても大丈夫?ロイヤルカナンは?

犬に市販の安いドッグフードを食べさせても大丈夫なのでしょうか?
犬を育てる上で毎日必要なドッグフードですが、安いドックフードには、安い理由があるようです。
ドックフードは、犬を育てる上で毎日必要で、選ぶ種類も沢山あります。

初めて犬のを買うときには迷ってしまいます。
そこで今回は、犬のドッグフードロイヤルカナンに関してもご説明いたします。

安いドックフードの本当の安い理由

  1. 脂肪
  2. 原材料
  3. 作る過程
  4. 多くの副産物が使用
  5. 内臓全般も全て使用

 

コスト面で大きく占める犬の餌、お食事代、安いドッグフードでも、美味しそうに食べてるからいいのかな?
と思ったりしていませんか?

安いドックフードには、安いなりの理由があるのです。
まず、安いドックフードは「悪い脂肪分」がたっぷり入っています。

人間も脂肪の高い食べ物は大好きです。
犬も動物なので、やはり脂肪が高い食事が好きですので、たべっぷりはとてもよいのです。

安いということは原材料の他、作られている過程も違います。
大量生産をしているので、作る過程もかなり雑なものが多いようです。

高いドックフードというのは、人間が食べても問題ないほど原材料に拘ってつくられていますが、 安いドックフードは人間は食べられません。

一緒に暮らす大好きな家族同然の犬に、人間が食べることのできない食事を与え、食事だけ動物扱いなんて、ちょっと寂しい気もします。

安いドックフードが人間が口にしてはいけない理由

安いドックフードが人間が口にしてはいけないというのは、多くの副産物が使用されているからなのです。

副産物とは人間は口にしないもの

  • 鶏肉であればトサカとかくちばし
  • 内臓全般も全て

これらを使用するによって、コストも押えられますし、なにより内蔵は脂肪分が高いため犬たちは喜んで食べるのです。

脂肪分が高い食事をとっていると、肥満の原因

小型犬に安いドッグフード(脂肪分の多いドッグフード)はNG

犬が脂肪分が高い食事をとっていると、肥満の原因にもなりますし、毛艶や内臓疾患にもなります。
なにより、室内犬が多いこの時代、運動量も少ないのに脂肪分の高い食事は犬にとってとてもよくありません。

さらに小型犬の犬に、安いドックフードを食べさせていると、運動量も少なくさらに小さい犬には負担でしかないのです。

飼い主が責任を持って食事の管理、犬の食事選び

犬は話すことができないので、人間が管理をしてあげないとかわいそうなことになってしまいます。
大事な家族の一員なのですから、健康を考えた食事を与えてあげてほしいです。

どんなドッグフードにも安い理由、高い理由があることを踏まえて、犬の食事選びをましょう!

BHAとは?ロイヤルカナンの気になる原材料について

ロイヤルカナンは世界的に有名なペットフードブランドですが、ロイヤルカナンのフードにはBHAと呼ばれる成分が含まれています。実はこれを問題視する声もあるのです。

ロイヤルカナンはどんなフード

ロイヤルカナンの大きな特徴

  1. 植物性のたんぱく質
  2. 栄養バランスを考えて製造
  3. ライフステージにあわせた種類が豊富な商品を提供

ロイヤルカナンはいろいろなライフステージを考慮して、飼い主がドッグフードを選択する時に、愛犬の状態に合わせて製品を提供しています。

生まれてまだ数か月しか経っていない犬もいれば、健康的な犬、あるいは体が弱い犬もいます。

また、年を重ね老犬になり寝てばかりの犬もいます。
それぞれの犬に合わせてドッグフードを選択する必要があります。

また、ロイヤルカナンの大きな特徴には植物性のたんぱく質を主に使用している点も挙げられます。
よく犬は動物性のたんぱく質の方がいい、という意見もあります。

ロイヤルカナンは吸収がうまくいくような植物性のたんぱく質を利用

ロイヤルカナンはどんな材料を使うかよりも、栄養バランスを考えて製造されています。
ちなみに植物性のたんぱく質は吸収率が優れないと一般的に言われていますが吸収がうまくいくような植物性のたんぱく質を使用しているようです。

ロイヤルカナンロイヤルカナンは、フランス南部・エマルグに本社を置く、ペットフードを中心とするペット用品の製造販売をおこなう企業である。

BHAはなぜ問題視される?

世界的にも良く知られいて信頼も高いロイヤルカナンですが、ドッグフードに実は発がん性があるのでないか、という意見もあるようです。

理由の一つとしてそれはロイヤルカナンに、BHAが利用されているからです。

BHAを使用する理由

このBHAを使用する理由はドッグフードの酸化を防止するためです。

ペットフード安全法の基準値

このBHAは発がん性があると言われているので、ロイヤルカナンの安全性に疑問を持つ人達が少なくないということです。

ただ、注意して知っておくべき点はこのBHAには発がん性がある事自体は事実であるとしても、それは一定量を継続的に摂り続けた時という条件が付きます。
添加物などは基準値が設けられています。

この基準値を超える事が無ければ、摂り続けても健康上にトラブルが起きる事はありません。

ロイヤルカナンのBHAの使用量はペットフード安全法の基準を守っています。
ペットフード安全法においては発がん性が認められた、ネズミの実験での使用量よりもずっと下回る量が基準値になっています。

この基準値なら仮に一生摂取し続けても発がん性の心配は無いとされています。
ロイヤルカナンにおいてはその基準値を超えていないようです。

したがってロイヤルカナンを愛犬に与えても発がん性を心配する必要は無いと言えるようです。

飼い主さんとしては愛犬に長生きして欲しいですから、発がん性があると聞くと、とても心配でしょうがないものです。
ですが、ロイヤルカナンの安全性に関して言えばBHAはあまり気にし過ぎる必要は無いと言えるでしょう。

まとめ

家族同然の愛犬には、安心なドッグフードを与えたいものです。
飼い主が責任を持って食事の管理、犬の食事選び、手作りや成分を確認したものを食べさせてあげましょう。
また、ドッグフードで有名なロイヤルカナンのフードは、ペットフード安全法の基準値を満たしており、ロイヤルカナンの安全性に関してはBHAはあまり気にし過ぎる必要は無いようです。

参考出典:https://my.royalcanin.jp