ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬にはちみつを食べさせるのは危険?メリットはないの?

犬にはちみつを食べさせるのは危険?メリットはないの?大丈夫?

「健康にいい」というイメージをお持ちの方が多い「はちみつ」ですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか。また、犬に与えても問題がないとしても、あえて食べさせるほどのメリットはあるのでしょうか。

はちみつに関するよくある誤解についても解説しますので、ご自身ではちみつをよく食べている方もぜひご覧ください。

犬にはちみつを食べさせるのは危険?メリットはないの? 犬にはちみつを与えるべきでない3つの理由

「犬にはちみつを食べさせるのは絶対にダメ」とは言いませんが、食べさせないに越したことはありません。

その理由をいくつか見ていきましょう。

1:ボツリヌス菌が心配です!

はちみつに含まれているボツリヌス菌の影響で、「脱力」「消化不全」「下痢」「吐き気(吐く)」「呼吸困難」「手足のまひ」などの症状が出る恐れがあります。

だからこそ、人間でも01歳児が食べるのは厳禁とされています。

犬にとってもそれは同じです。

特に子犬、シニア犬、体調不良時の犬などには絶対に食べさせないでくださいね。

また、健康な犬であっても、あえてリスクを背負わせる必要はないと思います。

ちなみにボツリヌス菌は加熱しても生き残るので、覚えておきましょう。

2:その割に「はちみつのメリット」の根拠が薄い

「はちみつにはミネラルやビタミンがたくさん入っている」と言われる事があります。

しかし、実は食品成分表には「ほぼ糖分しか入っていない(または他の栄養素はあまり入っていない)」と記載されています。

この辺りの「ズレ」には、人間の「はちみつは身体にいい!」という思い込みも影響していそうですよね。

また、蜜蜂が生成する「ローヤルゼリー」や「プロポリス」に期待できる効果と、勘違いしている人もいそうです。

ただ、一応

「ブドウ糖による手早いエネルギー補給ができる」という事はほぼ間違いありません。

「腸を潤わせて、便通を促す効果」も望めるとは言えます。

(『根拠が薄い』というだけで、『はちみつには絶対に効果がない』と言いたいわけではないので、ご理解ください)

3:そもそもドックフードだけで十分です

ある程度の品質のドックフードであれば、栄養バランスもしっかり計算されています。

ですから、「ドックフードだけ与えていれば大丈夫」というのは、別に「投げやりな考え」でもなんでもなく正しいことです。

「それでも何か他のものも食べさせたい」という気持ちを否定はしませんが、それがはちみつである必要はないはずです。

(はちみつ以外のものであっても、慎重に与えましょう!

犬に与えるならどんなはちみつが良いの?

しつこいようですが、「あえて与えるべきではない」と念押しさせていただきますね。

それでも犬にはちみつを食べさせる場合は、以下の食品(メニュー)がおすすめです。

1:はちみつヨーグルト

「プレーンヨーグルト&わずかなはちみつ」の組み合わせであれば、

「成犬、かつ健康状態に問題がない場合」に限り、与えてみても構いません。

ただ、もちろん最初は少しだけ食べさせてみてくださいね。

「はちみつに配合されている花粉」によるアレルギーが起きる可能性がゼロとは言えないからです。

2:犬用はちみつボーロ、クッキー

実は犬用のはちみつボーロやクッキーを扱っているペットショップが少なくありません。ですから。試しに食べさせても良いでしょう。

でも、人間用のはちみつクッキーはダメです。

脂肪分や糖分が多すぎる可能性が高いですからね。

犬に与えるのが最悪なはちみつメニューは?

また、「プレーンのはちみつの方がよほどマシ」という、犬にとってリスクが非常に高いはちみつメニューもあるので紹介します。

1:はちみつの飴

犬は食べ物をあまり噛まずに飲みます(丸飲みすることも)。

ですから、はちみつ味のものに限らず、飴を与えると窒息死する恐れがあります。

それに、やっぱり飴は糖分が多いですよね。

2:はちみつレモン

犬がレモンを食べると、

  • 気持ちが落ち込む
  • 肌トラブルが起きる
  • 下痢
  • 嘔吐

などの症状に見舞われるかもしれません。

ただ、これらのトラブルを引き起こすのは主に「皮」の部分ですから、

「皮をしっかり取り除き、念のため中央の部分だけ与える」という工夫をすれば大丈夫かもしれません。

また、レモンについては、「熱を加えれば大丈夫」とも言われています。

ですが、やはりあえてリスクを背負うほどのメリットがレモンにあるとは言えません。

「薬とはちみつを一緒に飲ませる」のはアリ?

「犬がはちみつを気に入り、かつ何か薬を飲ませる必要がある場合」には、

薬にはちみつを塗って飲ませたくなるかもしれません。

まず犬が飲むような薬の中で、はちみつとの組み合わせが厳禁なものはありません。

ですが、「はちみつで薬を飲むこと」に慣れてしまうと、糖分の摂取量が多くなるのでやはりおすすめしません。

定期的に飲む薬の場合は、特に当てはまります。

ワンちゃんに薬を飲ませる事に苦戦する場合は、獣医師に相談することをおすすめします。

まとめ

犬にはちみつを与える事に関しては、「メリットが薄い割にリスクが大きいので、おすすめしない」というのがこの記事の結論となります。また、「ミネラルやビタミンが豊富」というのも基本的に間違いです。どうしても、ワンちゃんにはちみつを与えるのであれば、しっかりと知識を吸収してからにしましょう。