ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬はタコを食べられるの?メリットはある?タコ焼きはどう?

犬はタコを食べられるの?メリットはある?タコ焼きはどう?

犬にタコを与えても大丈夫なのでしょうか。なかなかエサとして選択肢に挙がりにくい食材だとは思いますが、気になったことがある人もいるかもしれません。今回は、犬にタコ(タコ焼き)を食べさせる場合のメリット・デメリット、それから注意点などについて解説していきますので、ぜひお付き合いください。

犬はタコを食べてもOKなの?

犬はタコを食べられるの?メリットはある?タコ焼きはどう?

「犬がタコを食べるなんて、なんとなく不健康そう」というイメージがあるかもしれません。
しかし、タコに「犬にとって危険な成分」は入っていませんから、基本的に犬に与えても問題ありません。

ただし、食べさせ過ぎれば栄養バランスが偏る恐れがあるので気を付けてください。

犬にタコを与えることのメリット・デメリット

犬はタコを食べられるの?メリットはある?タコ焼きはどう?

では、具体的に犬にタコを食べさせることのメリットやデメリットを見ていきましょう。

愛犬にタコを与えることのメリット

メリットは特にありません。
タコには色々な成分が入っていることは確かですが、それらの成分はドッグフードからも十分摂取できます。
ですから、あえて犬にタコを与える意味はないと言えます。

愛犬にタコを与えることのデメリット

1:ビタミンB1欠乏症のリスクがゼロではない

タコには「チアミナーゼ」という成分が入っています。
この成分にはビタミンB1を壊す働きのある酵素が含まれています。
ですから、ビタミンB1欠乏症になるリスクがゼロとは言い切れません。

しかし、チアミナーゼは熱への抵抗力が低いですから、タコを加熱すれば問題はなくなります。
また、生タコであっても、少量であればビタミンB1欠乏症に陥ることはまずありません。

ちなみに、「生タコをたくさん食べた犬が、ビタミンB1欠乏症になった」という報告はこれまでに存在しないようです。

2:消化の問題

タコは、犬にとっては「消化しやすい」とは言えない部類の食品です。

ですが、犬は肉(タンパク質が豊富)を問題なく消化することができます。
そして、タコも主にタンパク質で構成されていますから、実は消化に関してあまり心配する必要はありません。

3:タコアレルギー

もともとタコに対するアレルギーを持っている犬もいますし、長期的にタコを食べ続けることでアレルギー症状が出てしまう体質の犬も存在します。

アレルギー症状としては、肌のかゆみ、元気がなくなる、発熱、吐き気、下痢などが代表的です。

タコに限らず、愛犬に初めての食材を与えるときは少しだけ食べさせて様子を見ましょう。
また、万が一アレルギー症状が発生した場合は、すぐに動物病院に行くことをおすすめします。

犬に積極的にタコを食べさせるべきなの?

犬はタコを食べられるの?メリットはある?タコ焼きはどう?

ここまでの解説をまとめると
「犬がタコを食べても大きなデメリットは出にくいけれど、メリットもないのであえて与える意味はない」
ということになります。
このあと説明しますが、「タコを犬に食べさせるときの調理法」も結構面倒です。

「タコからしか摂取できない成分」なんて言うまでもなく存在しません。
また、「一定以上の品質のドッグフード」であれば、それを食べているだけで犬の栄養バランスはほぼ完璧に保たれます。

犬に食べさせる場合のタコの調理手順と注意点

犬はタコを食べられるの?メリットはある?タコ焼きはどう?

とにかくあえて犬にタコを食べさせる必要はありませんが、どうしても試したいのであれば以下の手順に沿って調理してみてください。

1:タコを茹でる

先ほどお伝えしたビタミンB1欠乏症を防ぐために、必ずタコを茹でてください。
この際、「塩茹で」などの味付けはしないようにしましょう。塩分過多になる恐れがあります。

犬にタコ焼きはどう?

また、タコ料理と言えば「タコ焼き」が思い浮かびますよね。出来合いのタコ焼きを食べさせることができればかなり楽ですが、これも調味料などに何を使っているか分からないので避けるべきでしょう。
それに、タコ焼きに入っているタコのサイズが大きすぎて、犬が窒息する恐れもあります。

ただし、タコ焼き器を使って、「タコと小麦粉のみ、味付け一切なし、タコを細かく切る」という条件を満たすタコ焼きを作るのであれば、犬に食べさせても構いません(『焼く』ので、茹でる必要はありません)。
ただ、あえて犬のためにそこまでしたいかというと……。

2:タコを細かく切る

すでに少し触れましたが、茹で上がったタコを細かく切ります。
とにかく可能な限り小さくしましょう。
面倒であればミキサーを使ってペーストにしても構いません。

これで完成です。
そのまま食べさせてもいいですし、ドッグフードに混ぜてみるのもいいでしょう。

犬がタコを大量に食べたときの対処方法は?

犬はタコを食べられるの?メリットはある?タコ焼きはどう?

最後に犬がタコをたくさん食べてしまったときのケア方法を紹介します。

とりあえず様子を見ましょう。
それで何ともなければ大丈夫です。

ですが、しばらく待ってみて愛犬の体調に異変が起きた場合は、すぐに動物病院を訪れましょう。

そもそも「犬がタコをたくさん食べるシチュエーション」というのが考えにくいですが、一応覚えておきましょう。

まとめ

お伝えしたとおり、犬がタコを食べても特に問題はありません。ですが、これといったメリットはありませんし、「安全に食べさせるための調理」も面倒ですから、あえて与える意味はありません。また、タコ焼きに関しても「調味料が心配」「タコが大きい場合が多い」などの懸念があるので、食べさせないことをおすすめします。