ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬がアーモンドを食べても大丈夫?アーモンドの危険性に関して

犬がアーモンドを食べても大丈夫?アーモンドの危険性に関して

犬にアーモンドを与えても良いのかどうか、アーモンドを食べさせる意味があるのか否かという事について解説します。

また、犬にアーモンドをあげる際の注意点、「アーモンドに似た危険な食材」などに関しても紹介していきます。いずれにせよ人間と同じ感覚で犬にアーモンドを与えるのは絶対にNGですので気を付けてください。

アーモンドを犬に与えても良いの?

アーモンドには「犬にとって絶対にNGな成分」は特に含まれていません。

ですから、食べさせても問題ありません。

かといって「犬にとってメリットのある食材!」というわけでもないので、あえてアーモンドをエサに選ぶ意味はないと言えます。

では、犬がアーモンドを摂り過ぎるとどうなるのか解説しますね。

1:塩分の摂り過ぎが心配です

100グラムのアーモンドには、0.33グラム前後の食塩が入っています。

ですから、ちょっとくらいであれば犬に与えても大丈夫です。

ですが、ヒトが食べるための「味付きアーモンド」はとってもしょっぱいので、

「少しなら良いかな」という気持ちで犬に食べさせると、塩分過多になる恐れがあります。

それでも数回くらいであれば危険な状態に陥ることはまずありませんが、

このような習慣が継続すると、犬の腎臓や心臓にダメージが及ぶ可能性が高いです。

ですから、与えるにしても味のついていないアーモンドをチョイスしてくださいね。

2:吐く・下痢

アーモンドにはたくさん食物繊維が入っています。

また、そもそも細胞が硬いので犬にとっては紹介しにくいんですよね。

ですから、犬が大量に摂取してしまうと、

  • 下痢
  • 便が柔らかくなる
  • 吐く

などの症状が出る恐れがあります。

3:犬が太るかもしれません

アーモンドの配合カロリーは「100グラムで600キロカロリー前後」です。

「でも、アーモンドの脂質って不飽和脂肪酸だから肥満にはならないでしょ?

と感じるかもしれませんが、食べさせ過ぎると犬が太るかもしれないので、油断は禁物ですよ。

アーモンドを犬に食べさせる際に気を付けることは?

1:「味付けナシ」のアーモンドを選ぶ

繰り返しになりますが、味付けナシ(食塩フリー)のアーモンドを与えてください。

「いや、でもさすがに少しくらい塩気をつけないと……」と感じるかもしれませんが、人間と同じ感覚で考えるのはNGです。

2:砕いたアーモンドを食べさせましょう

アーモンドをそのまま与えると犬にとって消化しにくいですし、腸や喉に詰まってしまう可能性さえあります。

ですから、必ず砕いてから食べさせてください。

それも「1粒をいくつかに割る」というレベルではなく、本当に粉々になるまで砕くのがおすすめです。

3:最初はちょっとだけ食べさせましょう

あなたが飼っている犬とアーモンドの相性が悪い場合もあるので、最初はちょっとだけ与えてください。そして、大丈夫だったときに限り、必要に応じて量を増やしてください。

中には「アーモンドアレルギー」の犬もいますので、注意してくださいね。

4:とにかくアーモンドにこだわる必要はありません

元も子もありませんが、アーモンドにこだわるのはナンセンスです。

他のペットフードなどを適量与えているのであれば、アーモンドを与える意味はありません。

また、アーモンドを食べさせたことが原因で、これまでのエサを全部食べられなくなる恐れもあります。

犬にアーモンドを食べさせるメリットは本当にないの?

これまでの解説で「じゃあ、犬にアーモンドを食べさせるのはやめよう」と感じたのではないでしょうか。

ですが、犬にアーモンドを与えるメリットが全く存在しないというわけでもないので、少し説明していきますね。

1:アーモンドが大好きな犬には与えてもいいかも

アーモンドが大好きな犬もたまにいます。

そういう犬には、「おやつ」や「散歩の後のご褒美」としてたまに与えても良いかもしれません。また、食欲不振のときに食べさせると、それである程度食欲が戻る場合もあります。

2:皮膚のコンディションをキープしてくれる場合も

「オレイン酸」という成分がアーモンドにはたくさん入っています。

この成分には、肌や被毛のコンディションを整える働きがあります。

ですから、「うちの犬は肌が弱いかもなあ」と感じるのであれば、試しにちょっとだけアーモンドを食べさせてみると良いかもしれません。

ただ、やっぱり他のペットフードなどでオレイン酸がきちんと摂取できているのであれば、あえてアーモンドを与える必要はないと感じます。

アーモンドに似た「あの食材」を犬に与えるのは絶対NG

アーモンドに似ている食品の一つに、「マカダミアナッツ」がありますよね。

犬にマカダミアナッツを与えると、

  1. けいれん
  2. 発熱
  3. 吐く

などの症状に襲われる「可能性が高い」ので、何があっても与えてはいけません。

「アーモンドが大丈夫だったから、マカデミアナッツも平気かな」などと試さないでくださいね。

まとめ

「犬にアーモンドを与えるなんて絶対にダメでしょう」と感じていた方もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。

メリットがないわけではないので、必要性を感じたときは犬に食べさせてみてくださいね。

ただし、犬にとってリスクがそれなりに高い食品である事は確かなので、飼い主さんが細心の注意を払いましょう。