ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

愛犬にヨーグルトを食べさせることのメリットや注意点

愛犬にヨーグルトを食べさせることのメリットや注意点

犬はヨーグルトを食べても大丈夫なのでしょうか。また、大丈夫だとすると何か注意点はあるのでしょうか。もちろん、人間と同じ感覚でヨーグルトを食べさせるわけにはいきません。ポイントなどを色々と紹介していきますので、「やっぱり乳酸菌が良さそうだよね……」などとお考えの方もぜひご覧ください。

犬がヨーグルトを食べても平気なの?

まず、成分的に考えると、犬がヨーグルトを食べても基本的に大丈夫です。

「でも、お腹を壊しそうで怖い」と感じるかもしれませんね。
しかし、犬にヨーグルトを与えたとしてもそれが適量なのであればお腹を下すことはほぼありません。

犬はミルクなどの乳製品に含まれている「乳糖」を分解するのが苦手な生き物ですが、ヨーグルトになる途中で乳糖の含有量が減ります。
ですから、ミルクを飲んでお腹を壊してしまう犬でも、ヨーグルトであれば平気な可能性が高いです。

ただし、ヨーグルトの食べさせ過ぎには注意しましょう。
「カップのヨーグルトの半分くらい?」などと感じるかもしれませんが、それでも「極端に多い」と言っていいくらいです。

犬に与える場合は、多くても小さじ1杯、通常は小さじ2分の1杯くらいで十分です。
それだけでも毎日食べさせていれば、犬の腸の中の状態が良くなっていくことでしょう。

犬にヨーグルトを与えることで期待できる効果は?

犬にヨーグルトを食べさせることで望める効果は主に2つあります。

効果1:腸内環境を良くする効果

繰り返しになりますが、ヨーグルトの乳酸菌によって腸の中のコンディションが良くなっていくはずです。
基本的には腸の中の「悪玉菌」が減って、「善玉菌」が多くなっていくはずです。

ただ、ヨーグルトの目立った効果としては、ハッキリ言ってこれくらいしかありません。
ですから、元々ワンちゃんのお腹の調子に問題がないのであれば与える必要はないと思います。
良質なドックフードを毎日適量食べさせていれば、栄養バランス的にもそれで十分です。

効果2:食欲アップ

「いつもに比べてドックフードをへの食いつきがよくない」という場合に、ヨーグルトを少量混ぜると食欲がアップする可能性があります。
ただ、通常通りドックフードを食べるのであれば無理にヨーグルトをミックスする必要はありません。

また、何らかの薬を使っているときに「ヨーグルトと混ぜて飲みやすくする」のはおすすめしません。
本当に飲みやすくなるかもしれませんが、「ヨーグルトがないと飲まない」という習慣ができてしまうのは良いことではないからです。

犬にヨーグルトを食べさせるときの注意点

犬にとってメリットの多いヨーグルトですが、食べさせる際の注意点も色々あります。

注意点1:「栄養をカバーする目的」では与えない

タンパク質が豊富に入っているヨーグルトですが、小さじ半分~一杯程度では「メインのたんぱく源」と呼べるほどの量にはなりません。
ですから、「ウチの犬にはヨーグルトを与えているからタンパク質は大丈夫」などとは思わないようにしましょう。

逆に「ヨーグルトだけでタンパク質を十分に与えよう!」などと考えるとかなりの量になってしまうので絶対にNGです。

注意点2:ヨーグルトは「プレーン」のみで!

人間向けのヨーグルトには香料や砂糖などが入っているものが多いです。
そういったものは犬に悪い影響を与える恐れがあります。

ですから、犬にヨーグルトを与えるときは必ずプレーンのものを選びましょう。
「そんなの味気ない……」と感じるかもしれませんが、犬はプレーンのヨーグルトであっても喜んで食べる可能性が高いです。

注意点3:ヨーグルトでもお腹を壊す犬がいます

先ほどもお伝えしましたが、ミルクなどと比べれば基本的にプレーンヨーグルトのほうが「乳糖」の配合量が少ないです。

しかし、乳糖が全く入っていないというわけではありません。
そのため、ヨーグルトであってもお腹を壊してしまうワンちゃんもいます。
ヨーグルトは絶対に食べさせなければならないものではないので、犬に悪影響を与えるのであれば避けましょう。

注意点4:乳酸菌の種類に注目

ヨーグルトに含まれている乳酸菌にも色々な種類があります。

犬に合いやすい乳酸菌としては、

  • HSK201株
  • ガセリ菌SP株
  • ビフィズス菌SP株
  • クレモリスFC株
  • GCL1176株
  • Bb-12株

などがあります。

人間にも乳酸菌の「相性がいい・悪い」がありますが、犬にとってもそれは同様です。

基本的に上記の乳酸菌のいずれかが入ったプレーンヨーグルトを選びつつ、様子を見ながら必要に応じてヨーグルトを変更していきましょう。

注意点5:ヨーグルトの温度について

人間であれば、むしろヨーグルトは冷やして食べたいという人が多いかと思います(私もそうです)。

ですが、犬が冷えたヨーグルトを食べると、乳糖とは関係なくお腹を壊してしまう恐れがあります。ですから、犬にヨーグルトを与えるときは常温まで温めてからにしましょう。

まとめ

犬にヨーグルトを与えると、お腹の調子が良くなっていく可能性があります。ただし、人間と同じ感覚で食べさせることは避け、毎日少しずつ与えていくことをおすすめします。また、元々お腹のコンディションがいいワンちゃんなのであれば、無理にヨーグルトを食べさせる必要はありません。ドックフードだけで十分です。