ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬 映画『犬と私の10の約束』短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動ストーリー

ゴールデンレトリバーの子犬時代から晩年までの飼い主との関係を描く映画『犬と私の10の約束』は、短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動を兼ねたストーリーが見どころです。北海道が舞台となり、主人公・あかりと両親、犬のソックスとの出会いから、まずはあらすじを紹介しましょう。感想では犬との約束や関係性についても紹介します。

1.あらすじ

犬 映画『犬と私の10の約束』短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動ストーリー

(C)2008「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ

北海道に住む14歳のあかりは誕生日を母と祝いますが、医師の父が帰ってこないのを不満に思います。その日は仕事を終えて23時に帰宅した父に、母はあかりが寂しそうにしていることを伝えて犬を飼いたいと提案するのでした。翌日、母が倒れて入院することになり、あかりはしばらく家を任されます。

あかりが朝食を用意していると庭にゴールデンレトリバーの子犬が…犬が好きだった彼女は飼いたいと願い、母に紹介します。靴下を履いているような足をしていたことから「ソックス」と名付けられ、あかりは母に犬の10戒について教わりました。

犬 映画『犬と私の10の約束』短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動ストーリー

(C)2008「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ

その10の約束は「犬の気持ちになる。話を聞く。信じる。遊ぶ。心があることを忘れない。ケンカはしない。言うことを聞かないときは理由がある。ソックスにはあかりしかいない。年をとっても仲良く。10年ほどの寿命しかないため時間を大切に。死ぬ時はそばにいてあげる」
…そう伝えた母は悲しげな表情を浮かべます。

予定より早く退院した母とあかりはソックスを連れて海辺を散歩し写真を撮りました。その後、再び入院した母は息を引き取り、あかりは2日間寝込みます。あかりは学校へ行こうとしますが、首が動かず…しかし、ソックスとあっち向いてホイをしたことで、首が動くようになり喜びました。

犬 映画『犬と私の10の約束』短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動ストーリー

(C)2008「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ

ある日、父が札幌に栄転となって、病院の寮に仮住まいをすることに…新たな家を探す間、ソックスは星君に預かってもらいます。あかりの同級生で仲が良かった星君はギター奏者を目指しており、パリの音楽学校への合格が決まっていました。2ヶ月後、パリに旅立つ星君を見送りに行こうと、あかりは父に頼んで飛行場へ向かいますが途中で仕事が入ったことでタクシーに乗り換えます。あかりが到着した頃には飛行機は離陸してしまい、父は簡単な手術のために休日を返上させる病院を退職したのです。父は家を改築して個人病院を開院し、あかりはソックスと再び暮らせるようになりました。

7年後、あかりは獣医学部で勉学に励む中、星君がプロになって帰ってきます。札幌の公民館で公演をすると知って、あかりは楽屋で彼に会って10年前に見送りに行けなかったことを謝りました。演奏が終わった星君とあかりは共に帰り、付き合うようになります。

犬 映画『犬と私の10の約束』短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動ストーリー

(C)2008「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ

あかりは卒業後、旭川動物園に就職して地元を離れました。しかし、星君と連絡が取れなくなり、不安なあかり…すると、父から星君が事故に遭って指の機能が戻らなくなっていると聞いて家を訪ねます。リハビリしても指は戻らないと言う星君を励ますため、ソックスを預けると彼はソックスにギター聞かせるのでした。その後、星君は作曲家を目指すのです。

ソックスは天寿をまっとうし、あかりは悲しみましたがソックスの小屋にあった母からの手紙を見て立ち直ります。父に大学病院を辞めて育ててくれたことにも感謝しつつ、星君と結婚式を挙げて物語は幕を閉じます。

2.見どころ・感想

・ソックスが可愛い!

犬 映画『犬と私の10の約束』短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動ストーリー

(C)2008「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ

迷い犬かと思ってソックスに声を掛けたあかりですが、見つけた瞬間から「かわいい!」と大はしゃぎ!ソックスに会う前も、散歩しているダックスフンドを見つけては近寄って様子が微笑ましかったです。
最初、ソックスはあかりの家の庭を逃げ回るようにしていたのですがその姿はチョコチョコ走ってとてもキュート。側溝から上る際にも身体がまだ小さいことから一生懸命さが伝わってきました。逃げるソックスにあかりは欲していたシャツを被せようとしたり、父は捕まえようとせずに避けたりと初めて出会ったシーンは新鮮さも感じました。
晩年のソックスは身体も大きくなって、おっとりとした表情が印象的。斉藤医院の人気者になっていくのですが、理由はあっち向いてホイが強いから!患者たちが指す方向とは逆に振り向くソックスの賢さもスゴイと思いました。あかりの言うこともしっかりと聞き、時に寂しそうな表情を見せる…人と変わりない感じが映画で終始、伝わってきましたね。

・犬と飼い主の関係に考えさせられるストーリー

犬 映画『犬と私の10の約束』短編詩「犬の10戒」が元になっている可愛さと感動ストーリー

(C)2008「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ

あんなにソックスを好きだったあかりが、大人になってから疎遠になっていくのに心を痛めましたね。父が家にいない時はソックスの面倒を見るため帰らねばならず、旅行の予定も立てられないことを嘆き、外に放置してしまうのです。父そんなあかりを見て「仕事中毒だったのに今では逆だな」とソックスに寂しいと言っていたのが心に残ります。
そんなソックスに久しぶりに助けを求めたのは星君が事故に遭ってから。セラピードックとしてソックスを預けたことをキッカケにずっとソックスに冷たくしていたことを思い出して改めて仲良くしようと伝えていたのが印象的です。間もなくしてソックスの寿命となるのですが、あかりがソックスの最期を看取る際に母に教わった10の約束を思い出すシーンに感動しました。感動するシーンはまだ続き、母からの手紙を見つけたり、育ててくれた父にあかりがお礼を伝えたり…母が教えてくれた犬との10の約束を心に、あかりは今後も幸せになるのだろうと思いました。

3.まとめ

犬の一生は人にとっての10年ほどであり、その尊さが良く伝わってきた『犬と私の10の約束』でしたね。友人や恋人がいる中で、ペットにとっては飼い主だけ…そのことを忘れずにいることは難しいことかもしれません。亡くなった母親との約束でもあり、星君との関係をキッカケに思い出すことができたあかりと、幸せに天寿をまっとうしたソックスの関係は色々と考えさせられるストーリーでした。ゴールデンレトリバーのかわいさと凛々しさ、そして忠実さが伝わってくる映画です。

 

出演:田中麗奈、加瀬亮、福田麻由子、池脇千鶴、布施明、高島礼子、豊川悦司、他、犬達
監督:本木克英
原作・脚本:澤本嘉光、川口晴
音楽:Cho, Sung-Woo
主題歌:BoA「be with you.」avex trax
ドッグトレーナー:宮忠臣
製作:「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ
配給:松竹株式会社