ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬の肛門絞りの方法と注意点

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

犬の肛門内部にある分泌液を溜める場所を「肛門嚢」といいます。肛門内部にあった分泌物は、肛門嚢→肛門腺→肛門の順に通り体外へ排出されます。マーキングの時に使われていましたが、現在は使う機会が減ってしまっているため、溜まる一方になってしまいました。そのため、定期的に絞らないと病気の原因になる可能性があります。肛門絞りの方法と、その際に気を付けて頂きたいことをご紹介します。

 

犬の肛門絞りとは?

犬の肛門絞りとは、肛門腺にたまった分泌物を絞り出してあげることです。
肛門腺とは、肛門の近くにありマーキングをする時に使われる臭いの強い分泌物が出る場所です。肛門腺に分泌物が溜まってしまい排せつできないと、細菌が繁殖してしまい炎症を起こす可能性があります。
肛門の周りが赤く腫れてしまったり、排便の時に痛みを伴うこともあります。分泌液が溜まりすぎてしまうと、
「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」を引き起こしたり、肛門嚢が破裂するなどの可能性があるため、定期的に肛門絞りを行う必要があるのです。

肛門絞りのやり方

肛門絞りの詳しいやり方をご説明します。

1.尻尾を持ち上げて、肛門を吐出させます。
2.親指と人差し指を使って、肛門を中心として4時と8時の部分を摘んで肛門へと押し上げて絞ります。
肛門腺は臭いが強いので、シャンプーの時やシャンプーの前に行うことをお勧めします。

頻度は?

肛門腺の詰まり具合には、個体差があります。一般的には、1ヵ月に1回程度で絞りましょう。しかし、1週間程度で詰まってしまう場合もあるので、触ってみて溜まっているようであれば絞ってください。

肛門絞りの注意点

絞る際に、押す力が強すぎてしまうと、肛門や皮膚が赤くなってしまい、痛くなってしまいます。あまり強い力で出そうとしないで、肛門腺の位置を確認してゆっくりと絞りましょう。
強い臭いがあるので、周りに飛び散らないようにティッシュやウェットティッシュで肛門を覆って絞ることをお勧めします。更に、脱臭スプレーを利用すると良いでしょう。
肛門腺の状態には、個体差あがあります。色は黄色または茶色、状態はサラサラしていたりドロドロしていたりと異なります。普段の状態を、観察するようにしましょう。
小型犬と大型犬で肛門腺の絞り方に違いはありません。しかし、大型犬の場合は、絞るためには力が必要です。また、大型犬の場合には、排便時に一緒に分泌液を出せる場合があるので、絞る頻度は小型犬よりも少なくても大丈夫な傾向にあります。

まとめ

犬の肛門絞りは、少し難しいお手入れです。強い臭いを伴うため、苦手だという方も多いかもしれません。しかし、怠ってしまうと炎症を起こしてしまったり、痛みを伴う可能性があります。更には破裂の恐れもあるので、注意が必要です。難しいと思う方は、トリミングサロンなどでお願いするのも良いでしょう。