ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬が風邪をひいた!飼い主がするべき事とは?

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

冬になると寒くなり、空気も乾燥して風邪をひきやすくなります。犬も人間同様に、風邪をひきます。人間と同じように、発熱や咳、鼻水などの症状が出ます。かわいい愛犬の辛そうな姿を見るのは、飼い主もつらいでしょう。犬が風邪をひく原因や風邪をひいてしまった時の対策や、風邪の予防法について、ご紹介しましょう。

風邪のサイン

犬がいつもよりも食欲がなかったり、寝ている時間が長い、あまり反応がなくぼーっとしている、などいつもと様子が違ったら風邪のサインかもしれません。特に小型犬は、体温調節があまり上手ではないため、冬の寒い時期や夏場にエアコンの設定温度が低すぎてしまうと、風邪をひく可能性が高くなります。もしろん、大型犬も風邪をひきます。

 

風邪かな?と思ったらすること

まずは、体温をはかりましょう。
飼い主の方はもちろんですが、犬を抱っこしたり、触ったりした事のある方はお気づきかもしれませんが、犬って暖かいですよね。犬は、人間よりも平熱が高いのです。
では、犬の平熱をご存知でしょうか?なんと、犬の平熱は38.5度前後です。どうりで、いつも温かいわけですね。熱をはかって39.5度以上であった場合には、動物病院へ行くことをおすすめします。もし40度以上の場合には、できるだけ早く病院へ連れていきましょう。
熱が無くても、咳や鼻水などの症状がある場合にも、必ず動物病院へ連れて行きましょう。

 

犬の風邪の原因は?

人間同様、ウイルスです。寒さに弱い犬や、ストレスが溜まっている時、免疫力が下がっている時などは、風邪をひきやすい状態です。ストレスを溜めない、免疫力が下がらない環境を作ってあげるように、心がけましょう。

 

風邪予防の方法

温度管理

季節の変わり目は、暑い日が続いていたのに急に寒くなったり、逆に寒い日が続いていたのに急に暑くなったりと、気温の変化が激しくなる時期があります。そんな時に免疫力が下がっていると風邪をひきやすくなります。また、エアコンの温度管理や湿度の管理も風邪の予防になります。飼い主がしっかり管理してあげましょう。
寒い日のお散歩は、日が出ていて少しでも温かい日中に行くようにしましょう。小型犬の場合には、防寒用の洋服を着せてあげるのも有効です。

ワクチンの接種

ワクチンを接種しておくと、ウイルスに感染しにくくたるため、風邪の予防にもなります。

 

犬の風邪は人間にうつる?

犬と人間は、風邪をひいた時の症状がよく似ています。しかし、犬の風邪ウイルと人間の風邪ウイルスは違うので、犬から人へ逆に人から犬へ風邪がうつる心配はありません。ただ、風邪をひきやすい季節は、人間も犬も同じなので、うつったと勘違いされる場合は多々あります。

まとめ

犬の風邪について、ご紹介しました。犬の風邪の症状は人間と同じように、発熱、咳や鼻水です。このような症状が出ている場合には、放置しないで動物病院を受診しましょう。風邪予防をしっかりして、愛犬が元気に過ごせるように飼い主の方が気を付けてあげて下さい。