ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬と暮らすための冬支度!

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

朝晩は空気が冷たくなってきました。そろそろ、冬に向けての準備が必要です。衣替えや暖房器具を出したりするのと同じように、犬との生活のための冬支度も始めましょう。犬は寒さに強いイメージを持っている方も多いと思いますが、中には寒さに弱い犬種もいます。冬は寒さだけではなく、乾燥や風邪の心配もあります。冬に気を付けて頂きたいことなど、冬を迎える準備についてご紹介します。

 

犬は寒いのが苦手?

本来、犬は寒さに強い動物です。しかし、小型犬や老犬、室内犬などは寒さに弱くなっています。飼い主がしっかりと対策をしてあげる必要があります。

寒い時のサインとは?

「犬の寒さ対策!寒い日の散歩や室内での対策は?」でも、ご紹介していますが、
・震える
・やたらくっついてくる
・体を小さく丸める
・散歩など外に出るのを嫌がる
・水を飲む量が減る
・下痢をしている
などの症状が出ます。

寒さ対策!

室温は、25度前後に保ってあげましょう。室温は、エアコンで調整してあげるのが良いでしょう。ストーブやファンヒーターは、近づいてやけどをしてしまう可能性があります。犬を飼う前まで、ストーブやファンヒーターを使っていたという方は、柵などを購入して、犬が近づけないようにしてあげましょう。

湿度も重要です。湿度は、加湿器などを使って50%~60%に保ってあげて下さい。

お散歩などの外出時に着せることが出来る防寒着を用意しましょう。保温性の高いものがお勧めです。

冬太りに注意!

人間には「食欲の秋」という言葉がありますが、犬は冬に食欲が増す傾向があります。犬は、動物の本能で寒さに耐えられるように皮下脂肪をつけるために、食欲が増すのです。多少、食欲が増す分には問題はありませんが、食べ過ぎ・太りすぎには十分に注意しましょう。

冬に太ってしまうもう一つの理由が「運動不足」です。寒いからと、お散歩の回数や時間が減ってしまったり、お散歩に行かなくなってしまう飼い主の方がいらっしゃいます。愛犬の健康を考えて、お散歩に連れて行ってあげて下さい。散歩に行かないと、運動不足に加えてストレスが溜まってしまうという危険があります。ストレスから食欲が増してしまうという悪い状態になる可能性もあります。病気にもつながります。お散歩に連れて行くために、飼い主の方の防寒具の用意も必要ですね。

吹雪の中、無理やり散歩に行く必要はありませんが、どうしても散歩に行けない時には、室内で沢山遊んであげるなどの工夫をしてあげると良いでしょう。

注意

防寒グッズとして、犬に向いていないものがあるのでご紹介します。

1.こたつ
犬がこたつの中に入ってしまうと、飼い主が気づき難いことや、出口がわからなくなってしまい熱中症になってしまう可能性があるため、お勧めできません。

2.ストーブ
ストーブは、やけどをしてしまう危険性があります。どうしても使用する場合には、まわりを柵で囲んで近づけないようにするように十分注意しましょう。

まとめ

冬の寒さ対策など、冬支度についてご紹介しました。犬は言葉が話せないので、行動から寒いと感じているのか否かをちゃんと理解してあげるようにしましょう。寒い冬を乗り切れるように、きちんと対策をしてあげて下さい。