ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬のお悩みNO.1吠える!犬が吠える理由とは?

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

犬との生活は、疲れを癒してくれたり孤独やストレスを解消してくれるなど、私たちの心を潤してくれます。犬がいてくれるだけで、家族との会話が増えたり生活に幸福感を与えてくれます。しかし、飼い主さんを悩ませる事もあります。犬の飼い主のお悩みで常に上位にくるのが犬の鳴き声です。ムダ吠えや夜泣きをすることで、ご近所トラブルになってしまう事もあります。飼い主を悩ませる「吠え」について、詳しくご紹介しましょう。

犬が吠える理由とは?

犬が吠えることには、理由があります。もちろん、飼い主を困らせるために吠えているわけではありません。
主な理由について、みていきましょう。

1.吠えやすい犬種である

もちろん、まったく吠えない犬種はありませんが、原因にかかわらず「吠えやすい犬種」があります。

  • ダックスフント
  • ポメラニアン
  • ミニチュア・シュナウザー
  • コーギー
  • ボーダーコリー

などが、あげられます。特にダックスフントは、狩猟用に作られた犬種なので、獲物を見つけて吠えることを仕事としてきました。吠えることで褒められてきたという歴史を持っているので、よく吠えるのは当然なのです。

2.縄張り意識が強い

お客さんや宅配便の人が来た時に玄関のチャイムが鳴ると吠えまくったり、外で大きな物音が聞こえると吠えるのは、縄張り意識が強いからです。自分の縄張りに侵入してきた相手に対して遺憾の意を表しているといったところです。犬は、群れで生活してきた動物なので縄張り意識があるのは当然のことですが、その縄張り意識が過剰になってしまったり、経験不足な子犬や怖がりな性格の場合などは警戒心から吠えまくってしまうのです。

3.飼い主への要求

犬は、「お腹が空いた」「遊んで欲しい」などの自分の要求を飼い主に伝えるために吠えることがあります。
犬同士の間でも、吠えることでコミュニケーションをはかっています。そして、犬は頭が良いので、吠えると飼い主が自分に向いてくれることを知っています。とはいえ、けたたましく鳴くことは良いことではありません。ただし、今まで吠えなかった犬が急に吠えるようになったら、病気のサインかもしれません。どこか痛いところがあるのかもしれないので、ご注意下さい。

4.認知症などの病気

先ほど少しお話しました、どこか痛みがある場合の訴えの他にも病気のサインである場合があります。その一つが「認知症」です。長寿犬が増えているため認知症にかかる犬が増えています。夜中から明け方に吠えだしたり、同じ場所をぐるぐる回るようになったり、狭い場所に入り込んで出られなくなるなどの症状が出ている場合には、認知症の可能性があるので病院受診をおすすめします。

他にも「分離不安症」が原因で吠える場合があります。これは、飼い主さんへの依存が強くなりすぎることによって発症します。1人でお留守番が出来なくなり、飼い主がいない間は1時間でも2時間でもずっと吠え続けます。ひどくなると、自傷行為にまで発展することもあるので、こちらも病院受診をおすすめします。

まとめ

犬が吠える理由についてご紹介しました。愛犬が吠える理由に思い当たることがあったでしょうか?原因がわかると対策法も見えてきます。犬の無駄吠えなどでお困りの方に、参考にしていただけると幸いです。