ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬の寒さ対策!寒い日の散歩や室内での対策は?

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

♪犬は喜び庭駆け回り 猫はこたつで丸くなる
童謡にこんな歌詞があるように、犬は寒さに強いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?確かに、北海道やロシアなど寒い地域に暮らす犬は、犬ぞりレースなどで走る姿は凛々しくかっこいいです。しかし、全ての犬種が寒さに強いわけではありません。犬の寒さ対策についてご紹介します。

愛犬は、寒さに強い?弱い?

犬は、全身を毛で覆われているため人間と比較すると寒さに強いと言えます。しかし、寒さに強いかどうかは犬種や年齢、育った環境などによって異なります。まずは、ご自分の犬が寒さに強いのか弱いのかチェックしてください。寒がりな犬は、毛足が短い犬と小型犬です。寒さに弱い傾向にある主な犬種は、トイプードル、チワワ、パグ、フレンチ・ブルドッグ、ブル・テリア、パピヨン、ポメラニアン、イタリアン・グレーハウンド、ミニチュア・ピンシャー、ボストン・テリア、などです。

寒い時の合図

犬が寒がっている時には、なんらかの合図を出しています。それを見逃さないであげて下さい。例えば、震えていたり、やたらくっついてきたり、体を小さく丸めていたりします。また、散歩など外に出るのを嫌がったり、水を飲む量が減ったり、下痢をしているなども寒い時のサインのひとつです。ご自分が寒いと感じた時には、犬も寒がっている可能性があるので、注意して見てあげましょう。

寒い日対策~室内編

室内では、ホットカーペットや床暖房など床を温かくしてあげることが有効です。エアコンだと部屋の下部まではなかなか温かさが伝わらないので、犬にとっての寒さ対策としては不向きです。エアコンを使用する場合には、サーキュレーターなどを同時に使用して犬が過ごしている部屋の下部まで温まるようにしましょう。ホットカーペットを使用する場合ですが、必ず部屋の広さよりも小さいものを使用してください。犬が暑いと感じたときにホットカーペットのない冷たい場所に移動することが出来るようにするためです。

他の暖房器具として、ストーブやこたつなどがありますが、あまり好ましくありません。犬が室内で走り回った際にやけどや火災などの危険性があるからです。また、こたつは、中に入ってしまった際に飼い主が気づき難いことや、出口がわからなくなってしまい熱中症になってしまう可能性があるからです。

犬は、乾燥に弱いので冬場は加湿器をつけて湿度の調整をしましょう。湿度の目安は40~60%程度です。

寒い日対策~室外編

小型犬の場合には、雪が降る中無理やりお散歩に連れ出す必要はありませんが、運動不足は健康を害してしまう可能性が高くなるので、できれば短い時間でもお散歩させてあげましょう。
大型犬の場合には、日中の出来るだけ温かい時間にお散歩に出かけましょう。小型犬の場合には、犬用の服やコートを着せてあげてください。
急に寒い外に出るのではなく、玄関で少し寒さに慣れさせてから散歩に出かけるのも良いでしょう。

まとめ

犬の寒さ対策について、ご紹介しました。犬も寒い日は寒いのです。年配の方などは、犬に洋服を着せることに抵抗を感じるという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、愛犬の健康を考えると防寒具は必要な場合もあります。愛犬からのサインを見逃さずに、寒い冬も快適にお過ごしください。