ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬のフィラリアとは?症状と予防法

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

犬のフィラリア症について、ご存知でしょうか?もし、犬がフィラリア症にかかってしまうと、命を落としてしまう可能性がある、とても怖い感染症です。犬のフィラリア症は、蚊を介して起こる病気なので、予防しなければかかる可能性の高い病気です。飼い主さんが正しい知識を持って、予防することが大切です。命にかかわる病気、犬のフィラリア症についてご紹介します。

犬フィラリアとは?

フィラリアは、寄生虫です。フィラリアに感染している犬の血を蚊が吸血すると、フィラリア子虫が蚊の体内に入ります。この蚊がまた別の犬の血を吸血する時に、別の犬の体内に侵入して感染が続きます。フィラリアは、全長が20~30cmで、犬の心臓の右心室、肺動脈に寄生します。生存期間は5~6年の非常に長いのも特徴です。
蚊を介して犬の体内に侵入したフィラリア子虫は、最初は犬の皮膚の下の筋肉や脂肪の周りで生活しており、約2ヵ月の間に2回脱皮をして成長します。その後、血管に侵入して、右心室や肺動脈に寄生します。そこに達するまでには約半年かかります。
フィラリアにはオスとメスがいて、犬の体内に寄生したフィラリアがオスとメスの両方だった場合、ミクロフィラリアという子供が多数生まれて、血液中に流れ出します。血液中にミクロフィラリアがいる犬の血を吸った蚊が他の犬を吸血することによって、多くの犬の間で感染が広まっていきます。

犬フィラリア症の症状

フィラリアに感染しても、最初はほとんど症状が現れないため、飼い主さんが気づくのは難しいかもしれません。感染から数か月後に、やっと症状が現れます。

・元気・食欲がなくなる
・渇いた咳がでる
・呼吸が荒くなる
・お腹が膨らむ
・血尿が出る
・血を吐く

このような症状が出たら、犬フィラリアに感染している可能性があります。後半に挙げたお腹が膨らんだ血尿が出たり、血を吐いたりしたら重症化している恐れがあるので、出来るだけ早く病院へ行きましょう。

犬フィラリアの予防法

犬フィラリアは、命にかかわる恐ろしい感染症ですが、予防することが出来ます。
犬フィラリアの予防には、予防薬を使う方法があります。錠剤、チュアブル、スポットオン型など、様々なタイプがあります。これらの予防薬は、体内に侵入したフィラリア子虫を駆除するものです。予防薬は、1ヵ月に1回投与することが効果的です。投与の期間は、蚊の飛び始め時期の1か月後から蚊がいなくなった1か月後までです。だいたい4月から12月くらいまでの間とお考え下さい。
ただし、予防薬を投与する前には、フィラリアに感染していないか必ずチェックをしてください。犬の体内にミクロフィラリアがいることを知らずに予防薬を飲ませてしまうと、ショック症状を起こして最悪の場合、命を落とすこともあります。

まとめ

犬フィラリア症について、ご紹介しました。蚊を介して感染していく犬フィラリア症は、最悪の場合、命を落とすこともある恐ろしい感染症です。しかし、感染の恐れのある時期は、きちんと薬を投与することによって予防することが出来ます。大切な愛犬を守るために、しっかり予防しましょう。