ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

動物介護士ってどんな仕事?必要な資格や活躍できる場所とは?【犬のお仕事】

犬の寿命が延びた事から、老犬のお世話をする動物介護士という仕事が注目を集めています。
愛犬が老化した時のお世話に役立てたいという方や、老犬ホームの増加によって、興味を持つ方が増えているのではないでしょうか。
今後、益々需要が増える事が予想される、動物介護士についてご紹介します。

動物介護士ってどんな仕事?必要な資格や活躍できる場所とは?

動物介護士の仕事内容

動物介護士の主な仕事は、犬や猫などの高齢になった動物の介護や管理です。
主な仕事は

  • 犬のしつけ
  • 食事の管理
  • 排せつのお世話(オムツ交換など)
  • リハビリのお手伝い
  • 訪問介護
  • 獣医師の補助
  • 被毛や爪のお手入れ
  • 寝たきりのペットの体制変え

他にも、老犬のお世話に関わる様々な事を行います。
年を取り、老犬が自分で出来なくなってしまった事のサポートを行う仕事です。
実際の仕事の内容は、職場によっても異なります。
動物病院で働く場合には、獣医師の補助、病気やケガのケアを行います。
ペットサロンの場合には、トリミングの他に事務作業も行う事が多いでしょう。
また、勤務時間も様々で、ペットホテルで働く場合には早朝や夜中の勤務をする場合もあります。
休日も不定期で、シフト勤務が中心となります。

動物介護士の職場

動物介護士が働く場所は、動物病院や老犬ホームだけではありません。
動物介護士の活躍の場は、今後増えていく事が予想されますが、現在は主に

  • 動物病院
  • 老犬ホーム
  • ペットショップ
  • ドッグカフェや猫カフェ
  • ホームセンター
  • ペットホテル

などが挙げられます。

動物介護士になる方法

実は、動物介護士になるための国家資格等はありません。
動物介護士の求人に応募して、採用されればどなたでも動物介護士になる事が出来ます。
ペットの高齢化が進むことで、動物介護士の需要は高まっていくため、求人数は増加傾向にあります。
大学や専門学校の中には、動物看護福祉学科という学科を設けている所もあります。
動物福祉学を学ぶと、就職に有利だと言えます。
動物介護に関する国家資格などはありませんが、民間資格がいくつかあります。
動物介護士になるために、資格を必須にしている所はほとんどありませんが、民間資格を持っている事で採用されやすく、また実際に仕事をする上で役立つことは間違いありません。

ペット介護士の資格

ペット介護士の民間資格を紹介します。

ペット介護士(がくぶん)

「がくぶん」と、群馬県にあるドッグコミュニティ・パーク「世界の名犬牧場」が認定するペット介護士資格です。
資格を取得するためには、がくぶんが運営する「ペット介護士(動物介護士)養成講座」を受講する必要があります。
歴史ある「がくぶん」の通信講座なら、質の高いスキルを学ぶことが出来るため、人気が高い資格です。
難易度も高くないので、楽しく学ぶことが出来ます。
金額:39,900円

動物介護士資格

JADP(日本能力開発推進協会)が認定する資格です。
老犬だけでなく、シニア期の動物に関する知識や動物介護など、基礎知識をしっかりと学ぶことができます。
通信講座で学習することが出来るので、自分のペースで学ぶことが出来、在宅受験をすることが出来ます。
テキストを見ながら、受験することができます。

小動物介護士

小動物介護士は、日本ペット技能検定協会が認定する資格です。
ペットの介護に直面し苦悩している飼い主さんをサポート役として、動物介護士を目指している人のための資格です。
動物に関する看護や医療の基礎知識も学ぶことが出来ます。

ドッグヘルパー

JCSA(日本キャリア教育技能検定協会)が認定する資格です。
ドッグヘルパー資格は、老犬のお世話をするための資格というよりも、老犬になる前にやっておきたい事を学べる講座です。
愛犬の老後に備えて、知っておいた方が良い知識を得る事が出来ます。
日本ケンネルカレッジによると、老後の備えをしっかりとしてシニアになった犬と、備えをしてこなかった犬では、大きな違いが出るという事です。
動物介護士の仕事を考えている人だけでなく、ご自分の愛犬の為にも、学んでおくといいのではないでしょうか。
金額:40,000円

老犬介護士

JCSA(日本キャリア教育技能検定協会)が認定する資格です。
先程ご紹介したドッグヘルパーと同じJCSA認定の資格ですが、こちらは上級資格で老犬介護の知識と技術を学ぶことが出来ます。

また、老犬介護士の受講生は、講習を受け」試験に合格すると「愛犬飼育管理し」の資格も取得することが出来ます。
この資格は、都道府県が認可している動物取扱責任者の登録が可能となります。

動物介護士資格は難しいの?

動物介護士資格を取得をする事は、比較的難しい物ではありません。
勉強が苦手で不安な方もいると思いますが、テキストの内容もわかりやすくなっているので、資格取得は難しくありません。

動物介護士の求人について

給与や求人条件

動物介護士の資格が必須という職場はなく、「未経験OK」「実務経験不問」などがほとんどです。
しかし、資格を有する方が就職に有利だと言えます。

犬の寿命が延びた事によって、老犬ホームも次々に設立されています。

今後は、動物介護士の資格が必須という職場も出てくる可能性はあります。

給与に関しては、時給1,000円前後、月給180,000~という所が多いようです。

まとめ

動物介護士の仕事についてご紹介しました。
老犬の介護は、多くの飼い主さんがぶつかる壁の1つです。
動物介護士の仕事は、そんな飼い主さんのサポートが出来る、とても素敵な仕事です。
また、活躍の場も多くあり、今後さらに需要が高くなることが予想されています。