ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

【ドッグトレーナーに向いてる人とは?】必要なスキルや適正とは?

【ドッグトレーナーに向いてる人とは?】必要なスキルや適正とは?

ドッグトレーナーに向いてる人は、どんな人だと思いますか?
犬が好きな人が向いてる人という事は想像できますが、それだけではドッグトレーナーに向いているとは言えません。
そこで、ドッグトレーナーに向いてる人はどんな人か?
また、ドッグトレーナーになるためには、どんなスキルが必要なのか適正について、ご紹介します。

ドッグトレーナーに向いている性格

コミュニケーション能力が高い人

ドッグトレーナーは、犬のしつけやトレーニングを行いますが、飼い主さんとのコミュニケーションがしっかりと取れなくてはなりません。

ドッグトレーナーは、犬をお預かりする前に飼い主さんのお悩みや考えをしっかりと聞かなければなりません。

犬のどんな行動にお困りなのか?どういった点を改善してもらいたいのかを聞く相手は、犬ではなく人です。

そこで、コミュニケーション能力が必要になるのです。

しつけやトレーニングを開始すると、進捗状況をきちんと説明する必要もあります。

しつけやトレーニングが完了した後も、自宅に帰ってからどのように生活をしたら良いのかを飼い主さんにきちんと伝える事が出来なければ、犬はトレーニングを行う前の状態に戻ってしまう可能性が高くなります。

しつけやトレーニングが完了した後の生活は、とても重要です。

悪い習慣がついてしまわないように、飼い主さんに適切なアドバイスを行う事は、とても大事です。

ドッグトレーナーは、人とのコミュニケーション能力が高く、人と接する事が好きな性格の人が向いています。

温厚な性格の人

犬は、穏やかで温厚な性格の人に、心を開きやすい性質を持っています。

犬のしつけやトレーニングを行う時に、肝心の犬が心を開いてくれないと、スムーズにトレーニングを進めることは難しくなります。

犬は、力で抑圧しようとする人には心を開くどころか、強い警戒心を持ったり威嚇をする事もあります。

犬と信頼関係を築きやすいのは、温厚な性格の人です。

ドッグトレーナーには、温厚な性格の人が向いているのです。

責任感のある人

お預かりする犬に対して、責任をもってしつけやトレーニングを行う事が出来る人が、ドッグトレーナーに向いています。

犬によって性格は異なりますし、犬種も様々です。

そのような犬に対しても、責任をもって且つ平等に接しなければなりません。

ドッグトレーナーを目指す人は、犬が好きである事は間違いないと思いますが、可愛がるだけでなく責任感を持って、しっかりとしつける事が出来る人が向いています。

聞き上手な性格の人

話をよく聞く能力の高い人は、ドッグトレーナーに向いています。

ドッグトレーナーは、犬の状態を直接見てトレーニングの仕方を考えますが、飼い主さんからの情報もとても大事です。

普段の犬の様子をよく聞いて、その犬に合ったトレーニング方法を選択します。

そのため、飼い主さんからの話を聞く事が上手な人は、ドッグトレーナーに適していると言えます。

ドッグトレーナーに必要なスキル

体力

ドッグトレーナーに、体力は必須です。

体の大きな犬のしつけやトレーニングを行う際はもちろんですが、小型犬の場合でも体力が必要です。

トレーニング中は、沢山体を動かします。

大型犬や超大型犬は、体が大きい分力も強いので、とくにハードです。

体力に自信がない方は、ドッグトレーナーになるための勉強をしながら、同時に体力づくりをすることをお勧めします。

ドッグトレーナーは、相当な体力が必要となる事を覚えておいてください。

根気強さ

犬のしつけやトレーニングは、1日や2日で終わるものではないので、根気強さが必要です。

ドッグトレーナーの相手は、まだしつけを受けていない犬や飼い主さんがお困りごとを抱えている犬達です。

トレーニングがすんなりいく相手であることは、まずないとお考え下さい。

最初は、なかなか思い通りに犬が動いてくれない事がほとんどでしょう。

時間をかけて、じっくりとトレーニングを行わなければならない事が多く、もちろん途中で投げ出す事は決してあってはなりません。

感情に任せて叱る事なく、気長に根気強く犬に理解をしてもらう事が大切です。

出来るまで続けられる根気強さがある人が、ドッグトレーナーに向いています。

ドッグトレーナーに向いていない人

コミュニケーション能力が高くない人

犬は好きだけど、人は苦手だという人は、ドッグトレーナーには向いていません。

人とのコミュニケーション能力が高くない人は、犬とのコミュニケーションも上手くはかれない人がよくいます。

ドッグトレーナーは、犬が好きなだけで務まる職業ではありません。

ドッグトレーナーを目指す方は、普段の生活の中でも、コミュニケーション能力は磨ておくと良いでしょう。

短気で感情が表に出てしまう人

犬は、感情的になる人に対して、警戒心を持ってしまいます。

ドッグトレーナーと犬は、信頼関係を出来るだけ早く築く必要があるので、警戒されて心を開いてもらえないと、しつけやトレーニングをスムーズに進める事が出来ません。

すぐに感情的になったり、根気よくトレーニングが続けられない短気な人は、ドッグトレーナーには向いていません。

まとめ

ドッグトレーナーに向いてる人の性格やスキルについて、ご紹介しました。

ドッグトレーナーとしての知識や技術もとても重要ですが、犬や飼い主さんと出来るだけ早く信頼関係を築く事も重要です。

ドッグトレーナーは、犬が好きなだけでは出来ないハードな職業です。

向いてる人ではないからといって、なれないわけではないので、ご紹介した事を是非参考になさって下さい。