ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬と一緒の宿泊【うるさい犬は泊まれない?】旅行中の犬の不安を解消する方法

犬と一緒の宿泊【うるさい犬は泊まれない?】旅行中の犬の不安を解消する方法

ペットは家族の一員と考える人の増加と共に、犬などのペットと一緒に宿泊できる施設が増えています。
初めて利用する際には、不安に思う飼い主さんも多いでしょう。他の人にうるさく吠えてしまって、迷惑をかける事は避けたいものです。また、他の飼い主さんのうるさい犬のせいで、愛犬が怯えてしまい、折角の旅行が台無しになる事もあります。
吠える犬は、宿泊施設を利用する事は出来ないのでしょうか?
そこで、犬の飼い主さんがペットと一緒に泊まれる宿泊施設を利用する際や旅行中に不安に思う事の解消方法をご紹介します。

犬が無駄吠えをしないか不安

飼い主さんが最も不安に思う事は「無駄吠え」です。

普段は吠えない犬でも、旅行先で吠えてしまい飼い主さんが困るという話はよくあります。

犬が吠えるシチュエーション

犬が吠えてしまうシチュエーションは、飼い主さんが犬と離れた時です。

例えば、食事をする為に愛犬を部屋に残してレストランへ行ってしまった時や大浴場へ行ってしまった時など、慣れない部屋に一人でお留守番しなければならない時に、吠える事がよくあります。

犬が不安に思い吠えてしまう事は、当然と言えます。

犬が落ち着ける場所を作ってあげるために、クレートやキャリーを持って行きましょう。

他にも、お気に入りの毛布やクッションなどがあったら持って行きましょう。

また、レストランなどで他の犬の吠えてしまう場合があります。

無駄吠えの不安を解消する方法

普段吠えない犬でも、旅行先では不安やストレスから吠えてしまう事は、珍しい事ではありません。

吠える犬が宿泊出来ない事は、ほとんどありません。

もちろん、普段から無駄吠えをしないように、しっかりとしつけを行う事は重要です。

不安な場合には、宿泊先に直接電話をして「吠えてしまう可能性があるけれども、宿泊は可能ですか?」と聞いてみましょう。

もし、良い返事がもらえない場合には、宿泊先を変更する事をお勧めします。

宿泊施設によっては、吠えないか不安に思っている事を伝えると、角部屋を用意してもらえるなどの配慮をしてもらえる事があります。

可能であれば、予約時に角部屋を希望するのも良い方法です。

もしレストランやロビーなどで他の犬や人などに吠えてしまった場合には、愛犬に吠えないように指導することはもちろんですが、相手の人や犬の飼い主さんにきちんとお詫びをする事を忘れないで下さい。

周りの方への配慮を忘れないで下さい。

犬がトイレの失敗が不安

普段トイレの失敗をすることが無くても、旅行先では粗相をするのではないかと、不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

どんなにきちんとトイレトレーニングが出来ていても、慣れない場所でトイレの失敗をしてしまう事はよくあります。

宿泊施設にトイレが設置されている場所もありますが、他の犬の臭いが付いていると、使わない事もあります。

トイレの失敗を防ぐ為に、旅行にはトイレトレーの下に敷く物、普段使っているトイレシートとトイレトレーを持って行きましょう。

万が一粗相をしてしまっても、掃除をすれば大丈夫です。

どうしても心配な方は、マナーベルトや犬用のおむつを利用するのも良いでしょう。

失敗してしまっても、決して叱ってはいけない事だけは、忘れないで下さい。

犬が車酔いをしないか不安

犬も車酔いをします。

犬は、一度車酔いをしてしまうと、車に対して苦手意識を持ってしまう事がよくあります。

また、予防接種のために動物病院へ行く際に車に乗って行った場合、車に乗ると嫌な事が起こると勘違いしてしまう事もあります。

苦手意識がある車に乗ることでストレスを感じてしまい、車酔いに繋がる可能性もあります。

もし、愛犬が車に対してあまりよい印象を持っていないようでしたら、旅行へ行く前に車に対する苦手意識を無くす事や慣れさせる事から始めて下さい。

車のニオイが苦手な場合もあるので、犬のお気に入りのタオルやクッションがあったら、一緒に乗せると良いでしょう。

まずは、近場にあるドッグランなどの犬が好きな場所に行くと良いでしょう。

車に対する苦手意識が無くなると、車酔いをする可能性も低くなります。

人間と同様に、犬も寝不足や空腹の時は車に酔いやすいので、前日はいつも通りに就寝し、車に乗る前のは満腹にならない程度にフードを食べさせるようにしましょう。

車酔いを予防する方法は、【犬の車酔いの予防と対策】を参考になさって下さい。

犬の車酔いの予防と対策

犬が強いストレスを与えないか不安

愛犬と一緒の旅行はとても楽しみだけど、慣れない環境下に置いてしまうと体調を崩したり、強いストレスを与えてしまうのではないかと不安に思う飼い主さんも大勢いらっしゃいます。

個体差があるので「絶対に大丈夫です!」とは言い切れません。

特に、警戒心が強い性格の犬の場合には、落ち着かない可能性があります。

いつもとは違う環境の場所に行く事は、犬にとって良い刺激になります。

また、飼い主さんが楽しんでいると、犬にも伝わります。

逆に、飼い主さんが不安に思うと犬にも伝わってしまうので、過剰に心配しないようにすることが、愛犬へのストレスを与えない方法の1つです。

犬と一緒の宿泊先はどんな場所が良いのか?

  1. 家族だけで過ごす事が出来るコテージ
  2. オーナーが犬好き、もしくはドックトレーナー

 

始めて愛犬と旅行に行くという方は、大きな宿泊施設よりもアットホームな場所がお勧めです。

大きな場所だと、周りに多くの人や犬がいるので、愛犬も落ち着かない可能性があります。

最初は、ご家族だけで過ごす事が出来るコテージです。

ホテルやペンションなどは、隣の部屋に別の方が宿泊されているため無駄吠えなども気になりますが、コテージなら多少吠えても同じ建物の中にいるのはご家族だけなので、安心です。

近くの部屋で吠えている犬に誘発される可能性も低くなります。

犬のしつけハグでは、2020年7月那須にペットと泊まれるコテージ「コテージHAGU」をオープン致しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

まとめ

犬と宿泊する際、宿泊先や旅行中の不安を解消する方法をご紹介しました。

普段は吠えない犬も、宿泊先で無駄吠えをしてしまい、あまりうるさいとトラブルに発展してしまう事もあります。

普段からきちんとしつけを行っていれば、過剰に心配をする事はありません。

また、ペット可の宿泊施設では、無駄吠えをする犬は必ずいます。

せっかくの愛犬との旅行ですから、あまり神経質にならずに、是非!楽しんで下さい。