ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

愛犬とのお出かけマナー~電車

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

犬と一緒に電車・バス・飛行機に乗せる場合、飼い主さんが守らなければならないマナーがあります。また、乗せることが出来ない場合もあります。愛犬と一緒の旅行を計画したのに、移動の電車やバスに乗れなくて旅行自体を諦めなくてならなくなってしまったら、とても残念な事です。事前に、ルールを知っておくと良いでしょう。愛犬と電車に乗る時のマナーについてご紹介します。

愛犬と一緒に電車に乗る時のルールは、交通機関によって異なります。いくつかの交通機関のルールをご紹介しましょう。

愛犬と一緒に電車に乗る時のルール

JR

JRでは、ケース(長さ70cm以内、タテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度でかつ、ケースと合わせた重量が10㎏以内のもの)に収納し乗車する駅の改札口などで見せた上で手回り品きっぷ(280円)購入することで、一緒に乗せることが出来ます。(引用元:JR東日本HP

 

西武鉄道

・3辺の合計が90cm以内で、1辺の長さが70cm以内の容器に収納してください。
・容器に収納した重量が10kg以内。
・他のお客さまに危害または迷惑をかけるおそれがないもの。 (引用元:西武鉄道HP)
以上のルールを守ることで、乗せることが出来ます。

Osaka Metro

基準を満たしている場合には、愛玩用小動物(ペット)の持ち込みが認められています。

小鳥類、金魚・熱帯魚類、小型犬、猫、いえうさぎ、ハムスター、爬虫類等、小型でお客さまがひざ上で十分に抱ける程度以下の大きさであり、愛玩用として家庭で飼われている動物一般(ペット)を愛玩用小動物としています。
料金は無料ですが、鳥籠・専用ケージ・ペット用キャリーバッグ等、持ち運びに適当な蓋が出来る容器に入れたうえ、体毛などの飛散を防ぎ、他のお客さまから姿が見えないよう、容器を布で覆うなどの対応必要です。(引用元:Osaka Metro HP

名古屋市交通局

運行上支障がないと認められる場合は、次の条件を満たしている場合乗車することが出来ます。
1.少数量の小動物でケースに入れる。
2.長さ2メートル以内で、縦・横・高さの合計が250センチ以内のケースに入れる。
3.ケースと動物を合わせた重さが30キロまでであること。
4.ケースの数は2個までであること。なお、手回り品料金は、不要です。(引用元:名古屋市交通局HP)

その他

営団、都営地下鉄では、小動物については完全なケースに入れたうえで、手荷物として持ち込むことが出来ます。料金は、無料です。
盲導犬など介助犬を除く大型犬は、電車に乗ることが出来ません。

まとめ
犬と一緒に電車に乗る時のマナーについて、ご紹介しました。電車の中には、犬が苦手な人やアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。利用する交通機関のルールを守って、愛犬とのお出かけを楽しんでください。