ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

【雑種:保護犬】ほとんど動かず便秘気味・臆病でなつかない【LINE 犬の無料相談】

【雑種:保護犬】ほとんど動かず便秘気味・臆病でなつかない

保護犬を迎え入れは、緊張しますし、不安ですよね。初心者飼い主さんの見方に慣れれば、幸いです。

LINE無料相談登録者600人!ありがとうございます!
【LINE無料相談】の回答になります。
同じようなお悩みをお持ちの方も是非ご参考ください。

【雑種:保護犬】ほとんど動かず便秘気味・臆病でなつかない

【雑種:保護犬】ほとんど動かず便秘気味・臆病でなつかない【LINE 犬の無料相談】

LINE@無料相談に寄せられた質問に対する回答をご紹介します。

神奈川県にお住まいの、雑種推定1歳の女の子の飼い主さんからのお悩みです。
保護犬を迎え入れて5日目ですが
「ほとんど動かず便秘ぎみ」
「臆病でなかなか懐かない」
の2点についてです。

お困りごと1:ほとんど動かず便秘ぎみ

【雑種:保護犬】ほとんど動かず便秘気味・臆病でなつかない【LINE 犬の無料相談】

お困りごとの内容

保護犬を迎え入れました。
1ヵ月のトライアル期間を開始して、5日目です。
1日中、用意したクレートの中でほとんど過ごしています。

ほとんど動かないためか、どんどん便秘ぎみ。
うんちもかなり水気のない硬い物が出ます。

我が家に来て、1日目に出たうんちは、ほどよい硬さのいいかんじのうんちでした。

我が家に来る前は、ボランティアの方の家で、他の犬とワンプロ(ワンコプロレス)をして、ドタバタと遊んでいたようです。
とても臆病で、自分にも懐いていないので、まだお散歩にも出していません。

遊ぼうと思っても怖がってしまうので、どのように運動させて良いのか悩んでいます。
何かこのようにしてみてはなど、解決などありましたら、お聞きしたいです。
相談する場所が間違っていたら、申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

と、言う内容です。

便秘ぎみの時の対処方法

水気の無い硬いウンチが出るという事に関しての回答ですが、獣医ではないので専門外ですが、今までお預かりした犬の傾向でお話させて頂きます。

迎え入れて5日目なので、かなり緊張している状態であることが予想できます。
まずは、環境に慣れることが大切です。
犬にとっては「ここはどこ?」「あなたは誰?」という状態です。
便秘は、精神的な物からきていると考えられますが、臆病な性格の犬の場合には、特に環境に慣れる事は重要となります。

健康な犬であれば、便秘の解消は、時間が経つ事を待つことが、1つの解決策になるでしょう。
もし、便秘の症状がひどくなった場合には、動物病院へ連れて行き検便などを行って、獣医師の指示を仰ぎましょう。

お困りごと2:臆病な性格で、飼い主さんに懐かない

 

懐いていない犬との接し方

まだ、飼い主さんに心を開いていない為、散歩に連れて行っていないとの事ですが、臆病な性格の犬は、心を開くまでに時間がかかってしまいます。
飼い主さんにとって、もっとも大切な事は「焦らない事」です。
焦ってしまうと、より犬は人から離れて行ってしまいます。
まずは、愛犬に、今いる環境が安全だということを伝えて下さい。

コミュニケーションの方法~焦らない・無理をしない

 

【雑種:保護犬】ほとんど動かず便秘気味・臆病でなつかない【LINE 犬の無料相談】コミュニケーションの方法は、触ることだと思いがちですが、他にも方法はあります。
犬に優しく声を掛けてあげるだけでも、こちらに敵意がないという事を伝える事が出来ます。

無理にこちらから触ろうとする事は、逆効果になってしまいます。
飼い主さん側としては、コミュニケーションを取ろうという気持ちで接しても、無理矢理触ろうとしたり、抱っこしたりすることは、犬にとっては恐怖でしかありません。

無理矢理触るのではなく、日々声を掛けることで、犬の緊張をほぐしてあげる事が出来ます。

犬を迎え入れてから、まだ5日なので、焦らないでゆっくりと様子を見て頂きたいと思います。
極端に臆病な性格の犬の場合には、ケージの中でカタカタ震えている犬もいるので、まずは様子を見て下さい。
犬は、純粋なので、必ず心を開いてくれます。
やさしく声を掛けるという形でコミュニケーションをはかろうとすることで、必ず答えてくれます。
ゆっくりと、ステップアップして愛犬との距離を縮めて頂きたいと思います。
「焦らない」「無理をしない」この2点が重要なポイントです。

飼い主さんには、不安を感じている犬に対して、どのような声を掛けてあげたらよいのかを考えて頂きたいと思います。
愛犬の状態を見ながら、ゆっくり慣らして頂きたいと思います。

お散歩に行くタイミングは?

無理にお散歩に連れて行かなくても、大丈夫です。
お散歩に行くタイミングですが、近くに来て、体を触らせてくれるようになってからでも、遅くはありません。
まだ1歳なので、焦ってお散歩に連れて行く必要はありません。

家の中でも恐怖を感じている状態の時は、家の外ではもっと恐怖を感じてしまいます。
まずは、飼い主さんに対して、この人は信用できる人であると認識出来るようになってから、お散歩に行った方が、スムーズに進むと思います。
お散歩に出たら、また違った問題点が出てくると思うので、まずは家の中で慣らして頂きたいと思います。
犬が慣れるまでにかかる時間ですが、1週間程度の短い時間ではなく、1ヵ月くらいかけてゆっくりと慣らして頂きたいと思います。
半年くらいかかる場合もあるので、焦らずに時間をかけて犬の警戒心をほどいていきましょう。
お散歩に出るのは、飼い主さんや今の環境に慣れてからでも遅くはないので、慣れてから行きましょう。

まとめ

推定1歳の雑種の保護犬を迎え入れた方からの質問に対する回答をご紹介しました。
迎え入れてから5日目なので、犬は緊張している状態です。
臆病な性格の犬は、慣れるまでに時間がかかるので、飼い主さんは焦らずにじっくり時間をかけて、慣れるようにしてあげましょう。
コミュニケーションの方法としては、無理やり触るのではなく、犬の気持ちを考えて優しく言葉をかけてあげる事から始めてみて下さい。

ご紹介した方法をお試し頂ければ、必ずいい方向に進んでいくと思います。