ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬のブラッシングの効果とは?

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

犬のブラッシングは、毛並みを美しくみせるだけでなく、様々な効果があります。愛犬と飼い主さんとのスキンシップにもなるので、毎日の習慣にしたいことです。長毛種・短毛種関係なく毛は抜けます。特に、長毛種の場合は、毛がもつれたり毛玉が出来てしまうこともあります。ブラッシングの方法や必要な道具など、詳しくご紹介しましょう。

なぜブラッシングが必要なの?

ブラッシングをすることによって、血行が促進して皮膚の代謝がアップします。ノミやダニの予防だけでなく、皮膚や被毛の健康維持効果が得られます。また、ブラッシングをする際には、犬の体全体を触ることになるため健康管理をすることが出来ます。もちろん、毛並みも良くなって愛犬がより美しくなります。

ブラッシングに必要な物

・スリッカーブラシ
・ピンブラシ(長毛)
・ラバーブラシ(短毛)
・コーム
・獣毛ブラシ(艶出し)

ブラッシングの方法

ブラシは、軽く持って使用します。皮膚を傷つけないように注意しながらブラッシングしましょう。
毛がもつれているところは、取り除きます。もつれをそのままにしておくと、皮膚が引っ張られてしまい痛くなってしまう可能性があります。犬のストレスにもなるので、早めに取り除きましょう。ひどくなると、皮膚病になってしまう可能性もあります。毛が擦れる場所(内股、脇、お尻、耳の付け根など)は、毛玉やもつれが出来やすくなっています。こまめに確認しましょう。
内股は、毛がもつれやすい場所ですが、皮膚が薄い場所でもあります。あまりブラッシングをし過ぎると、ケガをさせてしまうことがあるので、力強くブラッシングして直接皮膚に当たらないように、工夫してください。

もし、毛玉が大きくなり過ぎてしまった場所があったら、無理やりほぐさずにハサミを使って毛玉を裂きましょう。(ハサミを使う時には、ケガをしないように注意しましょう)

ブラッシング時にする事

・ダニや傷の発見

草原などには、ダニが生息していているので、気づかないうちに犬が噛まれている可能性があります。散歩や外遊びの際に傷が出来ていることもあるので、ブラッシングの時には注意して見るようにしましょう。

・汚れの発見

ブラッシングは、全身行うので汚れに気づきやすいです。毎日行うことで、汚れを早期発見することが出来ます。汚れが目立つようになったり、臭いが強くなってきたらシャンプーしましょう。

・スキンシップ

ブラッシングは、犬がリラックスできる時間です。中には嫌がる犬もいますが、全身を優しく撫でるようにブラッシングされると、気持ちよくなります。大好きな飼い主さんとのリラックスタイムになって、愛犬との信頼関係がより深まるでしょう。

・抜け毛の除去

抜けてしまった毛を、ブラッシングで取り除くことが出来ます。部屋に落ちる抜け毛を減らすことにもなります。

まとめ

犬のブラッシングは、毛並みを美しく見せて汚れや傷などを早期に発見することが出来ます。健康管理をする上でも重要です。毎日の習慣にしましょう。