ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬はどんなことをすると喜ぶの?犬が喜ぶこと5つ

犬が喜ぶこと褒められること撫でられること一緒に遊ぶお散歩に行くドッグランへ行くと愛犬についてのご相談は東京の世田谷区と文京区のプロドッグトレーナー24時間常駐の犬のしつけハグまで

犬は、飼い主さんが大好きです。お出掛けをした飼い主さんが帰ってくるのを待っていたり、遊んで欲しくて側に寄ってきたりします。落ち込んでいると、優しく寄り添ってくれることもあります。そんな姿に癒されている飼い主さんも多いのではないでしょうか?飼い主さんも犬を喜ばせてあげたいですよね。
犬は、どんなことをすると喜ぶのでしょうか?そこで犬が喜ぶことを5つご紹介します。

1.褒められること

犬が喜ぶことNO.1は、褒められることです。大好きな飼い主さんに褒められることが、何よりもうれしいことです。犬が良いことをしたら、褒めてあげましょう。
飼い主さんの指示にきちんと従うことが出来た時や、トイレトレーニング中に上手にトイレが出来た時など、特にしつけ中は褒めるタイミングは沢山あります。

正しい褒め方

褒める時は、飼い主さんのリアクションが大事です。よしよしと静かに褒めたり、ただ頭を撫でるだけでは、犬は褒められていることに気づかない場合があります。少し大げさなくらいにいつもよりも高い声で「よしよしよし、いい子だね。お利巧だね。よくできたね」と、笑顔いっぱいに褒めてあげましょう。飼い主さんが笑っていると、犬もよりうれしそうになるはずです。

2.撫でられること

犬は、飼い主さんに撫でてもらうことが大好きです。逆に、嫌いな人や知らない人に触られることは嫌いです。大好きな飼い主さんには、ただ撫でてもらうだけで、安心します。そして、より信頼関係を強くすることが出来ます。
撫でられて特に気持ちが良い場所は、あごの下です。目を細めて気持ちよさそうな顔をします。そんな無防備な表情を見ると、こちらも癒されますよね。他にも、頭から首にかけてや背中から尻尾にかけて、お腹も撫でられると喜びます。
中には、撫でられることが嫌いな犬もいるので、犬の反応を見て嫌がっているようならやめてください。

3.一緒に遊ぶ

外遊び

犬は野生時代は、狩りをしていました。獲物を捕まえるという本能が働くので、ボールやフリスビーで遊ぶのが大好きです。飼い主さんが投げて、犬がキャッチして飼い主さんに持ってくるという遊びが好きな犬は沢山います。飼い主さんと追いかけっこをするだけでも、喜びます。

室内遊び

室内遊びでおすすめなのは、おやつ隠しです。ソファーの下やカーテンの後ろなどに、おやつを隠します。犬は、ニオイを頼りにおやつを探します。鋭い嗅覚を持つ犬にとって、ニオイを頼りにおやつを探す遊びは、とても楽しい遊びのひとつです。見つけたら、沢山ほめてあげましょう。

4.お散歩に行く

犬は、お散歩が大好きです。外は、刺激がいっぱいあるので、気分転換やストレス解消にもなります。
リードを持っただけで喜んだり、「お散歩に行くよ」と声を掛けると自分でリードを持ってくる犬もいます。
犬の祖先であるオオカミは群れで行動していたため、犬も社会性が豊かな動物です。お散歩で他の犬に会うことも楽しみのひとつです。
お散歩は、出来ればいつも同じ時間帯に行くことが好ましいのですが、夏は暑い日中を避けて早朝や夕方、逆に冬は暖かい昼に行くようにしましょう。

5.ドッグランへ行く

犬はお散歩をして外の刺激を受けることも好きですが、リードに繋がれているので実はもっと自由に思い切り走りたいと思っています。ドッグランなら、ノーリードで思いきり走ることが出来ます。
ただし、ドッグランには他の犬もいます。安全のためにも、マナーを守って利用しましょう。

まとめ

犬が喜ぶことを5つご紹介しました。いつも私たちを癒してくれる愛犬が喜ぶ姿を見ると、また癒されますよね。飼い主さんの中には、忙しくてなかなか愛犬と一緒に時間を過ごす事が難しいという方もいらっしゃるでしょう。無理をせずに、時間にゆとりがある時には、是非愛犬が喜ぶことをしてあげて下さいね。