ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

【グレートデーン】犬が赤ちゃんを襲ったニュースについて 危険性は?

【グレートデーン】犬が赤ちゃんを襲ったニュースについて 危険性は?

犬が子供を襲ったというニュースが報じられました。
犬による事故とは、生後11か月の乳児が祖父が飼っているグレートデーンに噛まれて死亡したというものでした。
グレートデン犬の事故はなぜ起きてしまったのでしょうか?
犬の飼い主さんには、是非知っておいて頂きたい、この痛ましい事故について、グレートデンの性格になど、詳しくご紹介します。

【グレートデーン】犬が子供を襲ったニュースについて。危険性は?

【グレートデーン】グレートデン 犬が子供を襲ったニュースについて。 危険性は? 赤ちゃん 噛まれる 事件 を考察する

グレートデーン は、本当に危険なのでしょうか?
11カ月乳児が祖父の飼い犬にかまれ死亡した事件について飼い主のしつけは方法とはどうだったのでしょうか?
犬のしつけの専門家として考察致します。

【事件詳細】 11カ月乳児、祖父の飼い犬にかまれ死亡 放し飼いのグレートデーン2頭が襲う https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/03/22/kiji/20200321s00042000481000c.html

怒ると凶暴になる犬がいる?!人に危害を加える恐れがある犬種ベスト8
https://dog-hagu.com/life-with-dog-17/

グレートデーンってどんな犬?

グレートデーン グレートデン グレート・デーン great_dane

まず、グレートデーンという犬種について、ご説明します。
ご存知の方も多いと思いますが、現在いる犬種の中で最も大きな犬と言われています。

ドイツ原産の大型犬で、体高はオスで80㎝以上、メスでも72㎝以上とかなり大きな犬種です。

犬の体重は、大きいものでは、100キロ近くにもなり、小型の馬のポニーと同じくらいの大きさにまでなる場合もあります。
飛びつくと、成人男性と同じくらいの背丈になるほどです。

基本的には、気性が荒い犬種ではなく温和で友好的な性格で、今まで私が接してきた中では温厚な性格の犬が多かったため、噛みつく印象があまりありませんでした。

グレートデーンが噛んでしまった理由とは?

【グレートデーン】グレートデン 犬が子供を襲ったニュースについて。 危険性は? 赤ちゃん 噛まれる 事件 を考察する

この事件の記事を見て、なぜ噛んでしまったのか?と考えた時に、2つの理由が思い浮かびました。

理由1:おもちゃと勘違いした

11ヵ月の乳児を、おもちゃと勘違いをしてしまったという事が考えられます。
犬は噛む事が好きです。
特に、乳歯から永久歯に生え変わる子犬の時期には歯がかゆくて物を噛みますし、ストレス発散の為に噛むこともあります。
そのため、犬用の噛むおもちゃが多数販売されています。
犬は、乳児を噛んでもいいおもちゃと勘違いして噛んでしまった可能性があります。

理由2:興奮していた

全身を噛まれているようなので、興奮して度が過ぎてしまったのではないかという可能性があります。
きちんとしつけが出来ていると思っても、興奮の度が過ぎてしまうと、指示が通らなくなる場合があります。
事故を起こしてしまった犬が、当時どのような状態であったのかはわかりませんが、なんらかの理由で興奮の度が過ぎていたのかもしれません。

事故を起こしたグレートデーンの性格は?

【グレートデーン】グレートデン 犬が子供を襲ったニュースについて。 危険性は? 赤ちゃん 噛まれる 事件 を考察する

攻撃的だったのではないか?

攻撃的な性格であった場合、噛むという行動に出てしまう事があります。
事故を起こしてしまった2匹が飼われていた環境を知るために、ニュース動画を探し確認してみました。

表側に道路があり、道から見える状態の場所に柵があり、そこで2匹が飼われていました。
犬達の映像を撮っているカメラマンの方が犬に近づくと、かなり吠えていたので、気性が荒く攻撃的な性格なのではないかという印象を受けました。

縄張り意識が強かったのではないか?

縄張り意識が強い性格なのではないかという事も感じました。

乳児が噛まれたのは、お皿を取りに行った時なのか、詳しい状況はわからないのですが、縄張りに入って来た者に対して、排除しようという気持ちが働いたのではないかと考えられます。

今回の事故の原因として、攻撃性があったり噛み癖があったのかというところが、とても重要になってくると思います。

事故を起こした犬はどうなるの?

【グレートデーン】グレートデン 犬が子供を襲ったニュースについて。 危険性は? 赤ちゃん 噛まれる 事件 を考察する

今回、事故を起こしてしまったグレートデンは、どうなるのでしょうか?

死亡事故に至らない場合でも、人を噛んでしまい事故に至った場合には、保健所に届けを出さなくてはなりません。
動物愛護法で、犬などの動物の殺処分は基本的に禁止されていますが、死亡事故になってしまった場合には、保健所で殺処分になる可能性は、充分にあります。

犬のしつけについて

犬が起こした事故の問題点とは?

今回の事故は、グレートデーンが乳児を噛んでしまい、死に至るというものでした。
理由はどうであれ、まずは人を噛むという事自体を、犬がよしと思っていたという点が問題であると思います。

犬が人を噛んでしまったという点において、完全に飼い主さんの管理不足という事になります。
これはグレートデーンに限らずどの犬種にも言える事です。

例えば、柴犬は気性が荒い性格ではありますが、しつけ次第で、全く噛まなくなります。
もともと気性が荒くない犬が噛むと言う行動に出てしまうのは、なんらかの原因があります。

もちろん、生活環境にも関係してきますので、飼い主さんは、十分に注意をして飼わなければならないという事を再認識して頂きたいと思います。

今回の事件を聞いて、危機感が生まれました。
とても痛ましい事故ですが、犬には一切悪気はありません。

生まれ持った気性はありますが、噛むという行動は教育次第でどうにかなる問題です。
飼い主さんの管理不足と言えます。

私は、今後このような事故が起こらないように、警鐘を鳴らしていきたいと思います。
また、何か新しい情報が入り次第、お知らせしたいと思います。

犬の飼い主さんへのお願い

この事件の事を知り、このような痛ましい事故が起こってしまった事を、皆様にお知らせしたいと思いました。
どの犬種でも、このような事故を起こしてしまう可能性があるという事を、飼い主さんに知って頂きたいと思います。
いつ愛犬が、このような事故を起こしてしまうかわからないという事を、頭のお片隅に置いておいて頂ければ、幸いです。

犬のお悩みは是非ご相談下さい!

噛み癖に限らず吠え癖など、現在起きている問題があるという方は、無料でお答えいたしますので、是非ご相談頂きたいと存じます。
状態が酷くなり、飼い主さんが困り果ててしまったり、年齢を重ねすぎると、負担がかかってしまいますし、手遅れになってしまう事もあります。
問題行動は、放置してしまうと悪化してしまう事はあっても、良くなる事は無いという事をご承知頂き、愛犬との生活をして頂きたいと思います。

是非、お早めにご相談頂きたいと存じます。
よろしくお願い致します。

LINE無料相談
https://line.me/R/ti/p/%40uvu4412x

まとめ

犬が11ヵ月の幼児を噛み死亡させてしまったという事故について、ご紹介しました。
今回事故を起こしてしまった犬は、グレートデーンという体の大きな犬でしたが、このような事故は小型犬でも起こしてしまう可能性はゼロではありません。
噛むという行動に限らず、問題行動が見られる場合には、出来るだけ早く対処することをお勧めします。
このような痛ましい事故が二度と起こらないことを、心から願います。

他、おすすめはこちらです。

怒らせたら危険な犬がいる?!人にケガをさせる恐れがある犬種32選

危険?!世界最強の犬達!熊にも立ち向かう屈強な犬ベスト10