ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬の口が臭くなるのはなぜ?口臭の原因と対処方法

犬の口が臭くなるのはなぜ?口臭の原因と対処方法

「うちの犬、こんなに可愛いのに口が臭い!でも恥ずかしくて人には言えない」と思っている飼い主さんは、あなただけではありません。実は、愛犬の口臭に悩まされている飼い主さんは、大勢います。
ドッグフードは、臭いの強いものが多いので、そのせいの場合もありますが、体に異常がある場合もあります。
そこで、犬の口臭の原因とその対処方法についてご紹介します。

犬の口臭の原因

1.口の中が乾燥している

犬の口の中の水分が不足すると、唾液が濃縮されてしまい、口臭の原因になります。
通常、犬の口の中は唾液で潤っています。
しかし

  1. 水を飲む量が少なかった
  2. 鼻炎で鼻づまりになり、ずっと口を開けている
  3. 暑くて体温調節をするために、ハアハアと口を開けて呼吸をしている

などの理由で、口の中の水分が不足してしまう、乾燥して唾液が濃縮されることで「生臭い」「魚臭い」状態になります。

2.ペットフードが劣化している

ペットフードに限りませんが、食べ物は空気に触れると酸化します。ペットフードの脂質が酸化し劣化すると、臭いが強くなります。劣化したペットフードを食べることで、口臭が強くなることがあります。

ドライフードよりもウエットタイプのペットフードの方が、臭いが強くなりやすい傾向があります。
劣化が進んでしまい腐敗してしまうと、下痢や嘔吐、腹痛を起こす危険があるので注意しましょう。

ペットフードは、なるべく空気に触れないように、開封後は密閉して保管するようにしましょう。食べきりサイズの物を選ぶと、酸化や腐敗の危険が少ないので良いでしょう。

3.歯周病を発症している

犬の口臭の原因で、最も多いのは歯周病です。歯や歯の周囲にある靭帯や、歯を支えている骨にまで細菌が入り込み、炎症を起こした状態を歯周病と言います。

歯肉だけが炎症を起こす状態を歯肉炎と言います。歯周病を発症すると、腐敗臭のような口臭を発生させます。

犬は、人間と比較すると歯垢が歯石に変わるスピードがとても速いという特徴があります。歯垢には数百種類の細菌が繁殖し、その中の一部は毒素を排出します。口の中に細菌を蓄えた状態が続くことで、歯周病になってしまうのです。3歳以上の犬の約8割が、歯周病を患っていると言われています。

炎症によって生じた膿などが、臭いを発生させているのです。

4.口腔内疾患

口腔内腫瘍という症状があり、発症すると口臭に加えて口の周りに痛みや違和感を覚えたり、食欲が無くなったり、食べこぼしをするようになります。

口腔内腫瘍、良性腫瘍と悪性腫瘍扁平上皮癌、悪性黒色腫、線維肉腫などに分けられます。
特に悪性腫瘍の場合には、口腔粘膜や歯肉、骨の組織までもが激しく破壊されるので、腐敗臭のような悪臭が発生する場合があります。

5.内臓疾患

肝臓や腎臓、胃や腸などの消化器などが不調の場合に、口臭が強くなることがあります。
ニオイの種類によって、内臓のどの部分に不調があるのかがわかる場合があります。

アンモニアのようなニオイがある

アンモニアのような、鼻につんとくるようなニオイがある場合は、腎臓や肝臓になんらかの不調がある可能性があります。
元気な時には、体の外に排出される物質が体内に溜まってしまい、アンモニアのような口臭がすることがあります。

すっぱい臭いがする

胃腸などの消化器に不調が隠れていると、すっぱい臭いがすることがあります。
胃炎を起こしている時には、胃酸の分泌が多くなり、嘔吐したり胃酸が込み上げてくることがあります。そのせいで、胃酸のようなすっぱい臭いが口臭として感じられるのです。

空腹時間が長くなると胃酸過多になり、すっぱい臭いがしたり嘔吐することもあります。
胃炎の原因として、急性の場合は感染症や異物混入、中毒などが挙げられます。慢性の場合には、免疫、胆汁の逆流や別の疾患の二次的な症状の場合もあります。

便のようなニオイがする

便秘の可能性があります。他に、腸閉塞や腸のねじれなどの重篤な病気の可能性もあります。

腸内の物が正常に流れて行かないため、便のような臭いが生じるのです。口臭が便のようなニオイの場合には、重積や腫瘍、異物が原因の場合があるので、注意が必要です。
症状としては

  • 便のような口臭
  • 波のある強い腹痛
  • 嘔吐し、嘔吐物が便のようなニオイがする
  • 元気が無くぐったりしている
  • 下痢をする

などがある場合には、生命にかかわる危険性があります。出来るだけ早く、病院受診することをおすすめします。

家で出来る口臭を予防する方法

犬の口臭の原因で、最も多いのは歯周病です。
歯周病の予防は、歯石になる前に歯垢を取り除くことが大切です。

口腔内環境をキレイに整えることが有効です。
自宅で出来る歯周病予防には、どんな事があるのでしょうか?

歯磨き

食べかすを口の中に残してしまうと、歯垢が溜まり歯石の原因になります。自宅での歯磨きは、とても重要です。
子犬の時期から、歯磨きを習慣化させましょう。
奥歯まで磨くのは、少し怖かったり、なかなか上手に磨くことは難しいです。
歯ブラシのやり方がわからないという方や自信がないという方は、動物病院などで開催される歯磨き教室などに行って、教えてもらうと良いでしょう。
歯磨きガムを与えたり、ロープやタオルのおもちゃを噛ませて遊ぶことも効果が期待できます。

その他

ドッグフードは、ドライタイプの物を与えると、歯垢の元になりにくいでしょう。
中には、歯垢になりにくい大きさの粒や形状素材などが工夫されていて、食べるだけで歯磨き効果が期待できる物も販売されているので、そちらに変えるのも良いでしょう。
口が渇かないように、水分補給に気を付けましょう。

病気が疑われる場合

出来るだけ早く病院受診をして、獣医師の診断を受けましょう。

まとめ

犬の口臭の原因と対処方法をご紹介しました。原因が病気である場合には、出来るだけ早く病院を受診し重篤化することを防ぎましょう。
子犬期から歯磨きを習慣化させて、愛犬の歯と健康を守りましょう。