ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

散歩嫌いの犬対策は原因究明から!お散歩が嫌いになる理由とは?

犬はみんな、お散歩が大好き!飼い主がリードを手にしただけで、うれしそうにはしゃぐと思っている方もいるかもしれません。しかし、お散歩が嫌いな犬もいます。リードを付けるのを嫌がったり、やっとの思いで外に連れ出しても、なかなか動かなかったり、すぐに帰ろうとすることもあります。なぜ、お散歩が嫌いなのでしょうか?

散歩が嫌いな理由

お散歩が嫌いなことには、必ず理由があります。まずは、自分の犬がなぜお散歩が嫌いなのか、考えてみて下さい。

怖い思いをした、リードが嫌い、愛犬のお散歩トレーニングにお悩みでしたら東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグでご相談ください。無料LINE相談も!

1.怖い思いをした

犬は、お散歩中に怖い思いをすると、お散歩に行くことを怖がってしまい嫌いになることがあります。例えば、「大きくて気性のあらい犬に吠えられた」「子供に追いかけられた」「急に脅かされた」「すごく大きな音を聞いた」などがあります。お散歩のルートの中で、特に怖がって動かなくなる場所があったら、お散歩ルートを変えてみましょう。

2.リードが嫌い

リードや首輪を嫌がる場合があります。特に子犬に多いのですが、リードや首輪をつけることで体の自由が奪われてしまうことを嫌がるのです。犬種だと、チワワやパピヨンに多くみられます。まずは、家の中でリードや首輪をつけて慣れさせるとよいでしょう。

3.身体的な理由

怖い思いをした、リードが嫌い、愛犬のお散歩トレーニングにお悩みでしたら東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグでご相談ください。無料LINE相談も!

シニア犬の場合、体のどこかに痛い場所があるとお散歩に行きたがらなくなることがあります。腰や関節などに異常がないか、獣医受診をして原因を探してみましょう。他にも、肥満で体を動かすことが辛いということもあります。その場合には、散歩をして体を動かさなければ解決にならないので、少し厄介です。

 

お散歩を好きになるためには?

怖い思いをした、リードが嫌い、愛犬のお散歩トレーニングにお悩みでしたら東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグでご相談ください。無料LINE相談も!

お散歩は、特に室内で飼われている犬にとっては、重要な運動の時間です。小型犬は、室内での運動だけでも足りる場合もありますが、中型犬以上の大きさの犬は、外である程度の時間をかけてお散歩することが望ましいです。肥満の予防や体力アップなど、健康な体を維持するためにはお散歩は必要です。
では、嫌いになってしまったお散歩を好きになるには、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、愛犬がお散歩を嫌がるきっかけを思い出して下さい。なぜお散歩が嫌いなのか?によって対策が変わってきます。先ほどのお散歩が嫌いな理由に当てはまる物があれば、ご紹介した対策を試してみて下さい。

怖い思いをした、リードが嫌い、愛犬のお散歩トレーニングにお悩みでしたら東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグでご相談ください。無料LINE相談も!

思い当たる理由がなければ、愛犬が喜ぶことを考えてください。お散歩に行ったら、楽しいことがあると思えるように工夫をしてみましょう。例えば、ボールで遊ぶことが好きな犬であれば、散歩の途中で公園やドックランに寄ってボールで遊んであげるなど、嫌な記憶を楽しい記憶に塗り替えてあげましょう。

まとめ

お散歩を嫌がるには、何らかの理由があります。もし、理由がわからなくても外に連れ出してみましょう。最初は、沢山歩こうとしなくても大丈夫です。少しずつでも構いません。外で太陽の光を浴びることが気持ちいいということを教えてあげましょう。愛犬の健康のためにも、お散歩を好きになってもらいましょう。