ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

夏の犬のお散歩!少しの工夫で快適に犬用ブーツやバンダナでアスファルトの肉球の火傷注意!普段のお散歩の半分の時間で

夏の犬の散歩にお悩みの飼い主さんは、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?照りつける太陽、ぐんぐん上昇する気温、暑くなる地面、犬も飼い主さんも、気を付けないと熱中症になる危険があります。だからといって、夏場はお散歩をお休みするというわけにはいきません。
でも、大丈夫です!きちんと対策をすれば、暑い夏でも安全にお散歩を楽しむことが出来ます。そこで、夏でも安全にお散歩するためのコツをご紹介します。

夏の犬のお散歩

ここ数年、夏になると「猛暑日」「酷暑日」など気温が高くなる日が多く、熱中症で救急車で運ばれる人のニュースを毎日のように聞くようになりました。
人間が暑いと思う日は、犬も同じように、いやそれ以上に暑いと感じています。
犬は散歩をする時、熱くなった地面の上を素足で歩きます。地面の近くは、私たちが想像している以上に熱くなっています。特に、アスファルトの上は火傷の恐れさえあるほどに、熱くなっています。
30度を超えるような暑い日の日中の散歩は、少し息苦しささえも感じるほど温められた空気の中、熱いアスファルトの上を歩かなければならない犬達の体には、大きなダメージを与えるということを把握しましょう。

愛犬の夏のお散歩、熱中症応急処置と対策方法は東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグで無料LINE相談

散歩の時間!時間帯と長さ

夏は暑いからお散歩は涼しい秋までお休みするというわけにはいきません。暑い時間のお散歩も危険ですが、長い間お散歩をお休みするのも健康を害する危険がありす。

過ごしやすい時間にお散歩に連れて行ってあげれば、夏のお散歩も安心して行くことが出来ます。

まずは、お散歩におすすめの時間帯です。
最もおすすめしたいのは、早朝です。夜の間に冷やされた空気は、早朝ならまだ温められていません。

さらに、夏場は日が昇る時間が早いため、早朝でも既に明るいため、暗くてよく見えない夜と比較しても安心です。具体的な時間ですが、日の出直後の5時半前後をおすすめします。朝が苦手だという方は、夜9時頃なら多少涼しくなっていますが、夜は暗くて周りの人がよく見えないので、あまりおすすめできません。

愛犬の夏のお散歩、熱中症応急処置と対策方法は東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグで無料LINE相談

次に散歩の長さですが、長い必要はありません。普段よりも短い時間で問題ありません。涼しい時間帯を選んでお散歩に行っても、やはり多少の暑さはあるので、普段のお散歩の半分程度の時間でいいでしょう。
散歩中の犬の様子を見ながら、長さを決めるのも良いでしょう。

少し歩いただけで、舌を出してハァハァと荒い息をしているようなら、早々に切り上げた方がよいです。いつも通り元気に歩いていて、飼い主さんにも負担にならない暑さであれば、普段通りのお散歩と同じでもいいでしょう。

夏のお散歩お役立ちグッズ

普段のお散歩グッズにプラスして、夏場のお散歩も快適にしたいですよね。そこで、夏のお散歩に役立つグッズをご紹介します。

犬用ブーツ

夏場のアスファルトは、かなりの高温になります。夏の砂浜を裸足で歩いた時の熱さを思い出して下さい。肉球をやけどしてしまいます。ペットショップなどで、靴下タイプのものや、蒸れにくい素材で出来てい物など、種類もかなり豊富になっています。

バンダナ

愛犬の夏のお散歩、熱中症応急処置と対策方法は東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグで無料LINE相談

人間同様に、太い血管が通っている場所を冷やすと体温を下げることが出来ます。バンダナを水に浸して首に巻いてあげるとひんやりして気持ちいいです。保冷剤を中に入れられるタイプの物もあります。保冷剤を入れる場合には、冷やしすぎに注意して下さい。

まとめ

夏場のお散歩は、犬にとっても飼い主さんにとっても熱中症になる危険があります。無理にお散歩に行く必要はありませんが、涼しい時間に出来るだけ涼しい場所を選び、暑さ対策をして出かければ、過剰に不安になることはありません。犬の様子を見ながら、お散歩を楽しんで下さい。