ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

夏の暑さ全開!愛犬の命を瞬時にうばう【熱中症】応急処置と対策方法。夏のお散歩は夕方!

夏のお散歩は、夕方がおすすめです。
犬の肉球に火傷をさせてしまっては大変です。
地面も熱いので、犬の肉球を守る犬用靴など用意しましょう!
愛犬からのサインを見逃さないよう熱中症の情報、対策方法、お散歩時対策方法をご紹介致します。

熱中症とは

愛犬の夏のお散歩、熱中症応急処置と対策方法は東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグで無料LINE相談

熱中症とは高温多湿環境下に高体温、脱水によって生じる全身性の疾患で 熱中症にかかると、体を構成する細胞がダメージを受け様々な臓器障害が起こることによる全身性の疾患です。

1.呼吸音が非常に速い。

愛犬の夏のお散歩、熱中症応急処置と対策方法は東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグで無料LINE相談

もし散歩やドッグランしていたら直ぐに中断しましょう!
日陰に移動して、水を飲ませるなど、落ちつくまで休ませるようにしましょう。

夏のお散歩は無理しないで、温度、湿度の調節された家で暮らしましょう!

2.ぐったりして、元気がない

愛犬の夏のお散歩、熱中症応急処置と対策方法は東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグで無料LINE相談

危険度が高い状態です。

すぐに涼しい場所へ移動し、水で濡らしたタオルで全身を包んだり、ワキや首を保冷剤で冷やすようにしましょう。

水を飲ませてください。

様子を見て、心配でしたら病院に行きましょう。

3.舌や歯ぐきが青くなる(チアノーゼ)

舌や歯ぐきが青く(チアノーゼ)なっている場合は、

大変「危険」です。

命にかかわるので体を冷やしつつすぐに病院で受診してください。

お散歩時の対策6つ

愛犬の夏のお散歩、熱中症応急処置と対策方法は東京の世田谷区と文京区でドッグトレーニング、犬のしつけハグで無料LINE相談

  1. 散歩時はこまめな水分補給と、霧吹きで水をかけられるよう身体を熱から守りましょう!
  2. クールネックも用意するとより安心です。
  3. 毛色が濃いワンちゃんは薄手の白いシャツを一枚着せる
  4. 日中も外出の時は、濡らしたシャツなどを着せるのも効果的です。
  5. お散歩時には保冷剤やタオルや準備しましょう。
  6. 車に乗せる場合は、事前に車内を冷やしておく

*短時間でも絶対に留守番させるのはNG。5分〜10分で死亡するケースもあります!!

 

夏の晴れた日10時~19時のお散歩、外出は、なるべく控えましょう。どうしてもお出かけしないといけない場合は、熱中症対策として、飼い主さんの準備と心構えが大切な愛犬の命を守ります。