ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

雪の日のお散歩は必要?

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

冬の寒い日、お散歩に行くのを躊躇してしまうことはありませんか?中でも雪が降っている日や道路に雪がある日には、お散歩に行くべきか悩んでしまうといいう方もいらっしゃるでしょう。雪が降るのは年に数回という地域にお住まいの方は、雪の日はお散歩をお休みしてもいいかもしれません。しかし、冬は雪の日が多いという地域にお住まいの場合は、どうすれば良いのでしょうか?雪の日のお散歩について、ご紹介しましょう。

犬は寒さに強い?雪が好き?

犬にも個体差や犬種によって差があります。大型犬と小型犬でも寒さに対する強さは、大きな差があります。特に、チワワのようなシングルコートの犬や原産国が暖かい国の犬種は、寒さに弱いと言えます。また、温度管理がきちんとされた室内で飼われている犬は、寒さが苦手な傾向があります。
ご自分が飼っている犬が、寒さに強いのか弱いのかよく観察してみましょう。

雪の上を歩いても肉球は大丈夫?

犬の肉球は、人間の手や足と違って分厚い脂肪層で出来ていて、更にその上は硬いケラチンで覆われています。人間が素足で雪の上を歩くと、数秒で耐えられなくなってしまいますが、肉球は多少の暑さや寒さに耐えることが出来ます。雪の上や冷たい地面を歩くと、肉球の中の静脈を流れる血液は一度冷やされますが、その側を流れる動脈によって温め直されて体中に運ばれます。
少し話が反れますが、肉球は、多少は雪や冷たい地面に耐えることが出来ますが、雪の上で遊ぶ時には注意が必要です。雪が積もった地面は、雪で覆われているためその下に何があるのか見えません。草木やとがった氷などで肉球を傷つけてしまう可能性があるので、注意しましょう。

雪の日のお散歩の注意点

寒さに対する感じ方は、個体差があるため必ずしも散歩に行かなければならないというわけではありません。基本的には、雪の日でも散歩に行っても問題はありません。無理に連れて行くとストレスになる可能性があるので、犬の様子を見て決めると良いでしょう。

3つの注意点

1.洋服やレインコートで防寒

寒さに弱いシングルコートの犬には、洋服を着せて防寒しましょう。レインコートやポンチョを着せたり、高齢犬の場合にはさらにアンダーウエアを着せるのもよいでしょう。犬の様子をみて、調節して下さい。

2.雪玉の処理

雪の上を歩いたり、雪の中で遊ぶと毛に雪が付きます。特に、毛の長い犬種の場合には、沢山雪玉がついてしまいます。そのままにすると、風邪をひいてしまう可能性があるので、ドライヤーやぬるま湯で溶かしてから、しっかり乾かし、ブラッシングをしてあげましょう。

3.肉球のケア

冷たい雪の上を歩いた後は、ひび割れや霜焼けになてしまう可能性があります。痛めた肉球を舐めてしまうと、炎症が酷くなることもあるので、ケアをしましょう。
ぬるま湯で肉球を洗って、その後は肉球ケア用クリームを塗ってあげて下さい。

まとめ

雪の日にお散歩をしても、問題はありません。ご自分の犬が寒さに弱い場合には、無理に連れ出してもストレスを感じてしまう可能性があるので、注意が必要です。
雪の日のお散歩は、帰宅してからのケアも重要です。体が濡れたままだと風邪をひいてしまうかもしれないので、タオルドライや必要な場合にはドライヤーでしっかりと乾かしてあげましょう。防寒をしっかりして、雪の日のお散歩を楽しみましょう。