ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

飼い主さんの本音!ペットカートは周囲への配慮!

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

ペットカートにあまり良い印象をお持ちではないという方もいらっしゃるでしょう。ペットカートを使用している理由は様々です。(詳しくはこちら:飼い主さんの味方!ペットカートにはどんな使い方があるの?)街中でペットカートに犬を乗せて歩いている人を見ると、「ペットカートに乗っていては散歩の意味が無いのではないか?」「甘やかしているのではないか?」と思う方もいらっしゃるでしょう。中には飼い主さんの都合で、使用している方もいますが、全ての人がそうではありません。飼い主さん達の本音を聞いてみませんか?

ペットカートの利用状況

ペットカートの利用率は年々増えており、犬を飼っている人の3割以上の方が所持しているというデータがあります。その中でも、「日常的に使用している」「時々使用している」という方が3割程度です。所持していても、半数以上の方が使ったことが無いと答えています。
そんな中でも、多頭飼いをしている人の5割以上の人がペットカートを利用しているという結果が出ています。
これは、どういう事なのでしょうか?

多頭飼いでペットカートを使う理由

トラブル防止

何頭もの犬を散歩させたり、お出掛けに連れて行く場合、飼い主さん1人で全ての犬をきちんと見ることは困難です。散歩中、すれ違う人に近づいてしまったり、道から飛び出してしまうなどの危険性があります。他にも、人混みの中で歩かせていると、他の人の邪魔になってしまう事があります。人混みの中で、足元を歩いている犬に気付かずに、踏まれてしまうことがあり、トラブルになる事もあります。ペットカートを利用することによって、そんなトラブルを防ぐことが出来ます。
数頭の犬を一緒に散歩させていると、何らかの理由で1頭が興奮してしまうと、他の犬にも伝染してしまい、騒いでしまったり暴れてしまうことがあり、飼い主さん一人では、抑えきれなくなることがあります。周りの人に迷惑をかけてしまう危険性がありますが、ドッグカートに乗せていれば興奮して人に噛みついたりすることを防ぐことが出来ます。
・体力差をうめる
多頭飼いの場合には、犬の年齢や体力に差がある場合があります。小型犬や老犬は、元気な犬や大型犬と同じ距離を同じペースで歩くことは難しいでしょう。ペットカートを利用することによって、元気な犬は遠くまで歩き、体力のない犬はカートに乗せて一緒に行動することが可能となるのです。

ペットカートは周りの人への配慮

混雑した場所に犬を連れて行かなければならない時があります。中には、犬アレルギーの人や犬が嫌いな人もいるでしょう。他にも、マーキングを迷惑だと感じる人もいます。ペットカートを使用することで、これらの問題をクリアすることが出来ます。
かわいい洋服を着てペットカートに乗っている犬を見ると「過保護だ」「犬なのに、なぜ歩かせないの?」と不快に思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん、中には犬が疲れないように、毛が汚れないようにとペットカートを利用している方もいらっしゃいます。しかし、全ての飼い主さんがそうではありません。周りにいる人に配慮して、トラブルを避けるために、利用している方もいるのです。

まとめ

犬を連れて入れる場所が増えています。ショッピングモールやカフェなど、飼い主さんにとっては愛犬と一緒に行ける場所が多くなり、嬉しい限りです。しかし、中には犬が苦手な人や犬アレルギーの人もいます。近づかれたら怖い、よだれや鼻水が気になるなど、犬がいることを迷惑だと思う人がいます。犬を連れて入ることがOKな場所でも肩身の狭い思いをする。そんな時、ペットカートを使用することによって、周りの人に配慮しつつ愛犬とのお出かけを楽しむことが出来るのです。