ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

【突然噛む】ヨークシャーテリア 犬は狭い場所では強気になる?!こたつの中で噛む犬の対処法

【突然噛む】コタツの中 ヨークシャーテリア噛まれた傷が絶えることがない

今まで噛み癖のなかった犬が、急に噛むようになる事は珍しくありません。
今回のご相談者さんの犬は、こたつの中で飼い主さんの足を噛むようになりました。
犬は、狭い場所が好きで、狭い場所ではなぜか強気になってしまいます。
そこで、犬が狭い場所が好きな理由と、こたつの中で噛んでしまう事の対処方法をご紹介します。

【突然噛む】ヨークシャーテリア 犬は狭い場所では強気になる?!こたつの中で噛む犬の対処法

【突然噛む】コタツの中 ヨークシャーテリア噛まれた傷が絶えることがない

【お悩み】 コタツの中で突然噛む

【ご相談者】 埼玉県 のかた

【犬種】 ヨークシャーテリア 7歳 オス

【LINE無料相談】の回答になります。

同じようなお悩みをお持ちの方もおられると思います。 是非、最後までご参考ください。

お困りごとの内容

【突然噛む】コタツの中 ヨークシャーテリア噛まれた傷が絶えることがない

ヨークシャーテリア 7歳 オス 突然噛む
ある日突然噛み付きが始まりました。

私と犬の二人暮らしです。
私がケージのある部屋にいるときは、犬をケージから出しています。

ケージの中でのお留守番が長いので、なるべく出すようにしています。
出しているときに、私が犬の相手をせずスマホなど見ている時は、犬は大抵こたつの中に入って体をくっつけて、うとうとし始めます。

寝始めた頃に、物音がすると飛び起きて、吠えながら私の手に噛みつきます。

最近では、足にまで噛みつくようになりました。
数ヶ月前から突然始まり、そうするのが当たり前に思っているかのようになっています。

噛まれた傷が絶えることがなく、本当に悩んでいます。
助言をいただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

噛み癖

噛み癖の原因

犬が突然凶暴になってしまった原因は、わがままなのではないかと考えられます。
恐らく、寝ている時やうとうとしている時など、犬がリラックスしている状態の時に触られた事に対して出た反応ではないかと思います。

  • びっくりして条件反射で噛んでしまっている
  • 「やめろよ」という意思表示

で口が出てしまっているなどの可能性が高いと思います。

犬は狭くて暗い場所が好き

【突然噛む】コタツの中 ヨークシャーテリア噛まれた傷が絶えることがない

犬はこたつののような狭い場所や、暗い場所の中に入ると強くなります。
犬をそいう環境に置かないことが大事です。
こたつの中に入ると表に出せなくなってしまう場合には、こたつの中に入るようなシチュエーションを作りたくないので、こたつ禁止にして下さい。

冬場の寒い時にこたつが出ているのであれば、その時にはケージ管理をして頂いて、犬がこたつの中に入ることを予防しましょう。
寒い時期が終わり、こたつを片付けたらケージから出して管理して頂いて結構です。

叱らずに対応する

こたつの中で噛もうとしている犬への対応は、叱りを入れて辞めさせるというよりも、環境を整えた方がいいです。
7歳という年齢では、このような行動が根付いてきていると思うので、叱っても反撃されてしまう可能性もあります。
そのため、普段から大人しく生活できるような環境を整えて頂く方がいいと思います。

指示語を使う

【突然噛む】コタツの中 ヨークシャーテリア噛まれた傷が絶えることがない

こたつに近づけさせない、こたつの中に入れない状態にすることがベストなのですが、もしこたつの中に入ってしまったり、片付けられないのでしたら、犬が入ったら「おいで」などの指示語で呼び戻して頂いて、噛むようなシチュエーションに持って行かないで下さい。
指示語の強化を普段から行いましょう。

犬中心の生活を人間中心に変える

【突然噛む】コタツの中 ヨークシャーテリア噛まれた傷が絶えることがない

ご相談者さんの犬は、臆病な性格なのでしょうか?
寝始めた頃に、物音がすると飛び起きて噛むという事なので、恐らく物音に敏感に反応しているんでしょうね。
わがまま行動というのは、犬が主導権を握ってる場合や、犬中心の生活になっている事で、問題が発生しやすくなります。
このような状況を打開するためには、飼い主さんが主導権を握るような生活に変えて頂く必要があります。
犬との生活を見直す良いきっかけだと思って下さい。

犬はなぜ狭い所が好きなの?

犬は狭い所が大好きで、狭いところに入ると落ち着きます。
では、なぜ狭い所が好きなのでしょうか?

祖先の名残

犬の祖先であるオオカミは、野生時代には狭い洞穴を寝床として暮らしていました。
寝ている時は無防備になるため、寝床にする場所は安全な場所である必要があったのです。
敵に見つからないように、暗くて狭い穴倉に身を隠していました。
狭いだけでなく、暗い場所なら尚好きです。
狭い洞穴を寝床にしていた時の名残で、今でも狭い場所を好むのです。

どんな時に狭い場所に入りたがるの?

■不安や恐怖を感じる時

敵に襲われないように、隠れ家として洞穴で生活していたため、不安や恐怖を感じた時には、狭い場所に避難したくなります。
現在は、犬に敵はいませんが、犬は大きな音が苦手です。
例えば、雷が鳴っている時や花火の音が聞こえる時には、恐怖を感じるので、狭い場所に隠れたがります。

■静かに過ごしたい時

洞穴を寝床にしていたので、静かに過ごしたい時や寝たい時には、狭い場所に入りたがります。
犬のしつけハグでは、おとなしくする場所をクレートの中にして指導をしています。
クレートの中は、まさに狭くて落ち着ける場所なので、犬が静かに過ごしたい時に入る場所としています。
クレートは寝床としても利用します。

【突然噛む】コタツの中 ヨークシャーテリア噛まれた傷が絶えることがない

まとめ

●こたつの中で突然噛む
①そういう環境に置かない
②普段から指示を強化を
③叱るよりも環境の見直しを
こたつの中で犬が強気になってしまうのであれば、こたつの中には入れないで下さい。
いざという時に為にも、「オイデ」の指示語は強化しておいて下さい。
犬の性格にもよりますが、叱るよりも環境を整えて下さい。