ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬と一緒の布団で寝てもいいの?

あなたの愛犬は、どこで寝ていますか?ケージの中やクレートの中、犬小屋の中や犬専用の部屋のベッドなど、様々でしょう。中には、飼い主さんと同じ布団で寝ているという犬もいるのではないでしょうか?愛犬と一緒に寝ると癒されるし、温かいですよね。でも、犬と一緒に寝る時に注意しなければならない点がいくつかあります。
そこで、犬と一緒に寝るメリットとデメリット、一緒に寝る時の注意点について、ご紹介します。

犬と一緒に寝るメリット

ドッグセラピーと言う言葉を聞いたことがありますか?犬は不思議なパワーを持っているので、触れることで、ストレスを軽減してくれたり、心身の健康を促進する力を持っています。セラピー犬と呼ばれる、癒しを仕事にしている犬もいます。犬と触れ合って寝ることで、癒されるというメリットがあります。

一緒に寝ることで、スキンシップをはかることができ、飼い主さんと犬との信頼関係を深めることも出来ます。

犬は、人間よりも体温が高いので、一緒に寝ると暖かいです。

犬と一緒に寝るデメリット

いつも飼い主さんと一緒に寝ていると、犬が自分だけでは寝られなくなってしまう可能性があります。
例えば、飼い主さんが旅行や出張に出かけるために、ペットホテルに預けなければならなくなった時に、飼い主さんが居なくて寝られなくなるかもしれません。災害時、避難所では一緒に寝られないことがほとんとです。いざという時に、困ってしまいます。
飼い主さんも犬がいないと寝られなくなる可能性があります。愛犬が他界した際に、ペットロスに陥る危険性が高くなります。

犬と一緒に寝る時の注意点

ケガに注意する

小型犬や子犬の場合、眠ってしまった時に飼い主さんが潰してしまう危険性があります。
潰さないように気を付けるあまり、飼い主さんが無理な体制で寝てしまい、腰を痛める危険性もあります。
床とベッドとの高低差があると、犬が上り下りする際に落下してしまう危険性もあるので、注意しましょう。

分離不安症に注意する

いつも一緒に寝ていると、飼い主さんに依存してしまう可能性があります。ひどくなると、分離不安症になる危険性もあるので、1匹でも寝られるようにした方が良いでしょう。

ベッドや布団を清潔に保つ

犬は、人間のように毎日シャワーを浴びて清潔にすることが出来ません。お散歩などで外に出ると、どうしても汚れてしまいます。そのままの状態で布団に寝るので、布団や枕、シーツは汚れてしまいます。
シーツなどの寝具は、出来るだけこまめに変えるようにしましょう
また、抜け毛も沢山ついてしまいます。ノミやダニが付着している可能性が高いです。粘着テープなどで、毎日掃除をしましょう。

まとめ

犬と一緒に寝る時の注意点について、ご紹介しました。犬と一緒に寝ることに関しては、賛否両論あります。
メリットもデメリットもありますが、ケガや病気などに気を付けて、飼い主さんと犬が一番落ち着いて安眠出来る場所を選ぶと良いのではないでしょうか。