ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

これって育犬ノイローゼ?症状と対策

東京の世田谷区と文京区で愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけのプロトレーナーによる育犬ノイローゼのご相談に応じます。嘔吐や下痢 摂食障害 不眠 動悸 無気力

犬を迎え入れて、愛犬との楽しい生活を想像していたのに、予想外の大変さに戸惑う方もいらっしゃるでしょう。吠えるし、噛むし、トイレは失敗するし、夜泣きはするし、犬のお世話に毎日ぐったりしてしまい「こんなはずじゃなかった」と、思い悩んでしまうことがあります。しかし、それは特別な事ではありません。犬を育てていく中で、思い悩んで気持ちが落ち込んでしまい体調がすぐれない、もしかしたら「育犬ノイローゼ」かもしれません。

育犬ノイローゼとは?

東京の世田谷区と文京区で愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけのプロトレーナーによる育犬ノイローゼのご相談に応じます。嘔吐や下痢 摂食障害 不眠 動悸 無気力

犬を育てていくのは、とても大変です。言葉を話せない犬に対して、どの飼い主さんでも「どうして〇〇してくれないんだろう?」「今、何を思っているんだろう?」と疑問に思うことが多々あります。それは、当然の事です。

毎日、一生懸命お世話をしても「噛む」「吠える」「言う事をきかない」「トイレに失敗する」この繰り返しで疲れてしまう。誰にも相談できずに、1人で抱え込み、気持ちが沈んでしまう状態のことを「育犬ノイローゼ」と言います。

お母さんが、赤ちゃんのお世話に疲れてしまう「育児ノイローゼ」と同じです。
育犬ノイローゼでお困りの飼い主さんは少なくありません。

育犬ノイローゼになりやすい人

東京の世田谷区と文京区で愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけのプロトレーナーによる育犬ノイローゼのご相談に応じます。嘔吐や下痢 摂食障害 不眠 動悸 無気力

犬を飼っている人なら誰でも育犬ノイローゼになってしまう可能性はありますが、特になりやすい人は次の3つの性格のいずれか、または複数に当てはまる人です。

●真面目な性格の人
●犬を飼うのがはじめての人
●心配性の人

真面目な性格の人は、獣医師に言われたことやマニュアル本に書かれている事の通りに犬が行動をしないと、焦ったり理想に当てはまるように、頑張りすぎてしまう傾向にあります。
犬を飼うのがはじめての人は、自分が想像していた事と違うことに戸惑ってしまったり、どうしたらいいのかわからずに悩んでしまうことがよくあります。
そして、心配性の人は、しつけが思ったようにすすまなかったり、勉強した通りに犬が行動しない事に対して、不安に陥って気持ちが沈んでしまうことがあります。

当てはまる事がある人は、注意が必要です。

育犬ノイローゼの主な症状

東京の世田谷区と文京区で愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけのプロトレーナーによる育犬ノイローゼのご相談に応じます。嘔吐や下痢 摂食障害 不眠 動悸 無気力

育犬ノイローゼは、精神的なストレスによっておこる体調不良です。
主な症状は

●嘔吐や下痢
●摂食障害
●不眠
●動悸
●無気力

重症化すると、うつ病を発症してしまう恐れもあります。愛犬をかわいいと思えなくなってしまったり、犬のお世話をしなくなったり、中には虐待をしてしまうという結果になることさえあります。

育犬ノイローゼの対処法

東京の世田谷区と文京区で愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけのプロトレーナーによる育犬ノイローゼのご相談に応じます。嘔吐や下痢 摂食障害 不眠 動悸 無気力

「もしかしたら、育犬ノイローゼかもしれない」と思ったら、まずは誰かに相談しましょう。
不安や悩みを1人で抱え込まないでください。「自分のせいだ。。。」と思わなくても大丈夫です。

今、犬のお世話やしつけをしている人なら、誰か共感したり一緒に悩んでくれたり解決方法を教えてくれる人が必ずいます。
SNSでつぶやくだけでもいいです。とにかく、1人で悩まないで下さい。
犬を飼った経験のある人や、今現在犬を飼っているほとんどの人が、大変な時期を経験しています。

しつけにお困りでしたら、自分ひとりで解決しようとしないで、プロに頼りましょう。
パピー教室に通ってみると、同じ悩みを持っている飼い主さんと共感しあえたり、ドッグトレーナーさんからのアドバイスを聞くことも出来て、犬同士も飼い主さんもお友達が出来るかもしれません。

 

まとめ

育犬ノイローゼについて、ご紹介しました。今、犬のことで悩みを抱えている方は、1人で思い悩まないで誰かに相談して下さい。犬を飼った経験のある人なら誰でも、一度は同じ悩みを持ったことがあるはずです。周りに犬を飼った経験のある人がいない時には、獣医師やドッグトレーナーなどの力を借りるのもよい方法です。決して1人で抱え込まずに、誰かに頼って下さい。その先には、愛犬との幸せな生活が待っています。