ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

災害時、犬と一緒に避難出来る?

集中豪雨や地震など、災害はいつ訪れるかわかりません。災害用持ち出し袋の準備をしておいたり、避難所の確認をしておく事は、とても大切です。避難を余儀なくされる場合があります。大きな災害に見舞われて、避難しなければならなくなった時、愛犬はどうすればよいのかご存知ですか?
いざと言う時に慌てないように、災害時に犬を連れて避難する場合、どうすればよいのか?ご紹介します。

災害時、犬はどうすればいい?

環境省は、災害などに見舞われて避難を余儀なくされた際には、ペットは置き去りにせずに、一緒に避難するように呼びかけています。
災害時のペットのアクシデントとして、パニックになってしまい家を飛び出し交通事故に巻き込まれたり行方不明になることがあります。また、すぐに戻るつもりが避難生活が長期に渡ってしまい、帰宅した時には餓死していたという悲しい事故も報告されています。
災害時にペットの安全や命を守ることが出来るのは、飼い主さんだけです。必ず、一緒に避難するようにしましょう。
詳しくは、環境庁発行の「災害時におけるペットの保護対策ガイドライン」で、ご確認ください。https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/ippan.pdf

ペットとの同行避難とは?

文字通り、飼い主さんがペットと一緒に避難することです。
そこで気になるのは、避難先でペットと一緒にいられるのか?という事ではないでしょうか?
それは、避難所の状況や地域によって異なります。

  1. 屋内で一緒に過ごすことが可能
  2. 屋外に係留
  3. ペット用の仮設避難所にて受け入れ

など、様々です。
飼い主さんと一緒に過ごすことが出来れば良いのですが、避難所にいる人の中には犬アレルギーの人や犬が苦手な人もいるので、まだまだ難しのが現状です。
しかし、ペットと一緒に過ごすことで、避難所にいる人の心のケアになると、考えが見直されている自治体もあります。
周辺の避難所の情報収集をしておきましょう。

災害時のために準備するもの

人間用の災害時持ち出し袋と同様に、犬用の災害時持ち出し袋も用意しておきましょう。
人間に必要な物は、避難所で用意されている物もありますが、犬用はありません。ご自分で準備するしかありません。

避難時に必要な物

・リード、ハーネス
・キャリーバック(小型犬の場合)
・食べなれたフード(目安:1週間分)
・飲料水(目安:1週間分)
・タオル
・ゴミ袋、うんち用袋
・ウエットティッシュ
・ワクチン証明書、愛犬手帳
・愛犬の写真
・迷子札
・救急セット(消毒液、ガーゼ、包帯など)
・ブラシ
・おやつ

その他、足場が悪い可能性が高いので、靴や靴下があると良いでしょう。お気に入りのおもちゃがある場合には、避難時も持って行くとストレスを軽減できる可能性があります。

注意

避難所では、愛犬もいつもと違う環境でパニックになる恐れがあります。
避難している人達も不安や恐怖などで、いつもとは異なる精神状態です。
同じ避難所で生活する人の迷惑にならないように、決められた場所でトイレが出来たり、無駄吠えをしないようになど、最低限のしつけはきちんと行っておきましょう。

まとめ

災害時、犬を連れて避難できるかどうかについて、ご紹介しました。
犬は、飼い主さんの責任で同行避難が呼びかけられています。災害はいつ起こるかわかりません。慌てないように、きちんと準備をしておくことが大切です。自分の命と同様に愛犬の命もしっかりと守ってあげましょう。