ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

【ドックトレーナー監修】犬のしつけがうまくいかないのはなぜ?いくつか原因を紹介します。

犬のしつけがうまくいかないのはなぜ?いくつか原因を紹介します。

犬のしつけがうまくいかない」とお悩みの方に向けて、主な理由として考えられることを紹介します。
「知識を得ないのはダメだけれど、知識を得るだけでもダメ」「犬の心を見ないのはダメ」など、ちょっと難しい話もしますが、どうぞ最後までお付き合いください。
今日から実践できる事もきっとあるかと思います。

記事監修:犬のしつけハグ 川島 恵

Kawashima

Profile 川島 恵 ドックトレーナーとして12年目の令和元年に東京の世田谷区と文京区にあるドッグトレーニング犬のしつけ教室をオープン。 『スッキリ』(日本テレビ系)犬のしつけ専門家として出演電話出演。 テレビ東京「どうぶつピース!!」に出演。「おやつ、おもちゃ無しのしつけ」でドッグトレーニングする犬のしつけの専門家

犬のしつけがうまくいかない理由1:知識を得ただけで満足する

「犬のしつけ」に関する本は多いですし、インターネット上にも情報が溢れかえっています。

ですが、

  • 本を読んだだけで満足してしまって実践できない
  • 本の情報に支配されて柔軟な対応ができなくなる

というケースが少なくありません。

犬のしつけがうまくいかない理由2:知識を得ようとしない

1」と矛盾するようでいて、実は矛盾しない話です。

まず、「犬を飼う前に勉強する」というのは必須だと考えてくださいね。

(もちろん飼い始めてからも勉強を続けるべきですし、『勉強しないまま飼い始めてしまった!』という場合は今からでも頑張りましょう)

ちなみにドイツのいくつかの州では、基本的に「犬を飼うのは免許制」となっています。

きちんと勉強をして「犬を飼うための許可」を正式にもらってからではないと、「ワンちゃんとの生活」は実現しないというわけですね。

日本では、ご存知のとおり誰も犬を飼うことができます。

このこともあってか、「日本はペット後進国だね」と言われる場合もあるようです。

犬のしつけがうまくいかない理由3:どの犬も同じだと思っている

単に「犬」と言っても、犬種次第で「性格」や「習性」が違います。

ただ、この犬種ですが「見た目」や「体格」だけで決まるわけではないので気を付けましょう。犬種について調べてみると、「こんな大きな犬と、こんな小さな犬が同じ犬種!?」なんて驚く事もあるかもしれませんよ。

また、例えば

サモエド:社交性が高い、有効性が高い

柴犬:勇敢、警戒心が強い

などなど、もっと細かく見ていくこともできます。

犬のしつけがうまくいかない理由4:運動量が少ない

色々な犬種がありますし、当然犬一匹ごとに性格や特徴も違いますよね。

ですが、「運動量が少ないのはダメ」というのは、全ての犬に共通しています。

人間だって「運動不足」はよくありませんが、それと一緒です。

ただ、人間の場合は「運動してなくてなんかイライラするな」と感じるだけで、それが問題行動に繋がる人はまずいないはずです(でも身体には悪いので気を付けてくださいね……)。

しかし、犬と人間は違います。

散歩などの運動が不足していると、ストレスが蓄積して、

  1. 無駄吠えが増える
  2. 穴を掘ろうとする
  3. 攻撃的になる

などの問題行動が発生する恐れがあります。

これでは「本来は有効なしつけ」であっても、ほとんど無意味になってしまいます。

「しつけ自体のことばかり考えて、全然散歩してなかったな……」と感じた方は、

これからはできる限り毎日犬を散歩させましょう。

112時間が理想ですが、人間側が潰れてしまっては困りますから可能な範囲でOKです。

犬のしつけがうまくいかない理由5:病気を見過ごしている

もはや「しつけ」どころの話ではないような気もしますが、

犬の病気を見過ごしてしまう飼い主さんも少なくありません。

  • 異常に散歩を嫌がる
  • ほとんど動かない
  • エサを食べない
  • その他異常行動
  • (飼い主から見て)とにかく気になることがある

などの場合は、すぐに動物病院に行きましょう。

特に「てんかん」などを見逃したまましつけをして、

「全然しつけの効果がない!」などと嘆くパターンが少なくないようです。

犬のしつけがうまくいかない理由6:犬の「心」と向き合っていない

別にスピリチュアルな話ではありません。

簡単に言えば、犬一匹一匹に

  • 性格
  • その日の気分
  • なんとなくの特徴

などがあるので、それと向き合ってしつけをしていきましょう。

という意味です。

例えば、近年よく「犬のしつけは『褒め』が大事」と言われていますが、

犬の心に向き合うことができていないと、

「実は褒められることに慣れ始めていること」や、

「実は大げさに褒めすぎてビックリさせている(怖がりな犬種に多い)」

などの事に気付くことができませんよね。

言わば、「心を向き合っている」のではなく「知識に向き合っている」状態ですので。

犬のしつけがうまくいかない理由7:「人間とは違う」ことを理解していない

「人間と違うなんて当たり前!」と感じるかもしれませんが、

それが心から理解できない場合は、

  1. 言葉に頼ろうとする(吠えちゃだめよ!など)
  2. 「人間のルール」を守ってくれると思い込む
  3. 「人間に気を使ってくれる」と思い込む

などの状態になるかもしれません。

犬のしつけに「絶対の正解」はありません

極端に言えば「ほとんどの犬に有効なしつけ」が、1パーセントの犬には逆効果かもしれません。また、「昨日はこのしつけで上手くいったのに、今日は全然反応が違う」なんて可能性もあります。

つまり、絶対の正解はない!

ということですね。

「だいたいの正解」はあるかもしれませんが、「犬のしつけは常に手探り」という事を意識しておくことをおすすめします。

だからこそ、犬を飼うのは楽しいんですけどね。

 

まとめ

犬のしつけがうまくいかない人の多くは、「知識不足」か「知識だけで満足している」のどちらかに分類できると感じます。心当たりがある方は今日から頑張りましょう。

また、「心」「絶対の正解はない」なんて少し難しい話もしましたが、「とにもかくにも運動が大事!」ということも忘れないでくださいね。