ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

犬を暴力でしつけるのがダメな理由は?|「痛くない体罰」がある?

犬を暴力でしつけるのがダメな理由は?|「痛くない体罰」がある?

犬がなかなか言うことを聞かず、暴力でしつけたくなる事もあるかもしれません。ですが、それは絶対にダメです。今回は主に「犬への暴力のデメリット」をメインにお伝えしていきますね。ただ、「痛くない体罰」なら基本的にOKですので、それについても解説します。

犬のしつけの事で困っている方はぜひご覧ください。

犬を暴力でしつける事のデメリット

犬を「暴力」でしつけることにはデメリットしかありません。

いくつか代表的なものを挙げていきます。

1:ケガをさせる可能性がある

当たり前ですが、暴力でしつけると犬にケガをさせるかもしれません。

特に小型犬の場合は「手加減したつもり」でも、重傷を負わせる恐れがありますよね。

2:犬の心が歪むかもしれません

暴力を受けることで犬が精神的なストレスを感じ、人間に対して過剰な警戒心・不信感を抱くようになるかもしれません。

人懐っこい犬種であっても暴力が積み重なれば、「いかにも人間を怖がっている犬」へと変化する恐れがあります。

3:無気力化が進む場合も

人間からすれば「悪いことをしたから、それを理解させるために暴力でしつけた」つもりでも、ワンちゃんからすれば「なんで叩かれたの?」となってしまうケースがほとんどです。

言い換えれば「なんだかよく分からないけれど、ぶたれた」という事ですね。

こういう状態が続くと「何もしなければ暴力は受けない」と考えて無気力になったり、消極的になったりするかもしれません。

4:「間違った関連付け」をする恐れも

「○○だから暴力を受けた」

の、○○の部分が歪んでしまうこともあります。

一例として、

飼い主目線→「無駄に吠えたから暴力でしつけた」

犬目線→「吠えたから暴力を受けた」

というズレが生じるケースがあります。

さらには、

飼い主目線→「部屋の中で走り回ったから暴力でしつけた」

犬目線→「走り回ったから暴力を受けた」

なども。

ワンちゃんが「走らないほうがいいんだ」と思い込んで、

部屋のなかでじっとする事が多くなるかもしれません。

または、

飼い主目線→「トイレシート以外(このケースだとタンスの前)で排泄をしたから暴力でしつけた」

犬目線→「タンスの前に行ったから暴力を受けた」

などのパターンも。

今後、ワンちゃんは「タンスの前という場所そのもの」を極端に避けるようになる恐れがあります。

犬を暴力でしつけないための心構え

1:「人間ほど賢くない」と理解する

言い方は悪いですが、「いくら利口な犬種でも、人間ほど賢いわけじゃない」と理解しましょう。人間なら簡単に覚えられる事でも、ワンちゃんは覚えられないかもしれません。

さらに言い方が悪くて申し訳ないですが、「犬が賢くないこと」がイヤなのであれば、

犬を飼うべきではありません。

2:犬は人間に迷惑をかけたいわけではありません

「また私を困らせて!」という感情から、犬に暴力を振るってしまう人がいるかと思います。

でも、ワンちゃんにはワンちゃん側のメリットがあって、

「人間にとっては困る行動」をしています。

例えば、

無駄吠え→そもそも吠えるのは本能です。また、「吠える事で要求が叶ったことがある」なら、それを繰り返すかもしれません

といった感じです。

「私を困らせたいわけじゃないのよね」と分かれば、

自然と暴力は振るわなくなるのではないでしょうか。

3:「犬を飼うことの不自然さ」を理解する

なぜ犬を飼うのでしょうか。

もちろん理由は人それぞれだと思います。

「癒されたいから」「(人間の)子供の教育の一環として」「ヒマだから」「ペットショップで一目惚れしたから」などなど色々考えられますよね。

ですが、これらは全部言ってみれば「人間の勝手」です。

だからこそ、その代償として「住まい」や「エサ」や「楽しさ」を与えるのかもしれません。

ですが、犬のほうとすれば、本当は人間に飼われずに気ままに暮らしたいと考えているかも。

「犬を飼うな」と言いたいわけではありません。

「結局は人間のエゴだよね」という意識を、常に心の片隅に置いておいてほしいのです。

そうすれば、飼い主とワンちゃんの関係性がより良くなっていくはずですよ。

ましてや、暴力でしつけようなんて発想は浮かばなくなります。

犬を「痛みの体罰」でしつけるのはアリです

「体罰=暴力」だと思っている人がほとんどかもしれませんが、

実は「痛みのない体罰」もあります。

例えば、

  • 犬の顔を両手で触り、目を合わせて「ダメ」と言う
  • 散歩中にリードを一瞬引いて「ダメだよ」と信号を出す

などなど。

「犬がられた理由を理解していること」と

「犬が飼い主をリーダーだと思っていること」が絶対条件ですが(そうじゃないと、このしつけの意味がありません)、

それを満たしているのであれば、取り入れても良いでしょう。

ただし、ここで言う「痛み」には、

「精神的な痛み」の事も入っているので気を付けてください。

例えば「殴るフリ」は物理的には痛くありませんが、犬にとって「精神的に痛い」のでNGです。

まとめ

犬を暴力でしつける事の欠点などを解説しました。

ケガをさせるかもしれませんし、ワンちゃんの心が歪む恐れもあります。

また、犬からすれば「なんで怒られたの?」となるだけなので、「しつけの意味」自体がありません。

必要に応じて「痛みのない体罰」なども取り入れつつ、根気よく楽しくしつけていきましょう。