ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

多頭飼い!性格の違う2頭が仲良くするには?~2

愛犬と一緒に受講するドッグトレーニングから、犬のしつけ、お散歩代行、LINE無料相談、ドッグホテル、ドッグ幼稚園、世田谷を中心に東京23区、神奈川、埼玉へ出張ドッグトレーニングサービスを提供しております。

多頭飼いで、性格が違う犬同士が一緒に遊ぶことは、難しい場合があります。仲良くなるためには、どうすれば良いのでしょうか?
【多頭飼い!性格の違う2頭が仲良くするには?~1】の続きです。

指示の強化

多頭飼いで仲が悪い場合、まずは元気が良い犬のトレーニングを行いましょう。
最初に、人の指示がきちんと入るようにトレーニングを行います。遊びながら、人の指示の強化をします。「おいで」「まて」などの、日常でよく使う指示が通るようにします。これは、犬同士の遊びで興奮してしまった時に使います。人の指示に対して、危機感を持つように教えます
また、人の足元で伏せて待つことが出来るようにしましょう。

やんちゃな犬は、フロアで遊ぶことを興奮して走り回ることだと勘違いしている場合があります。これでは、犬や人へのあたりが強くなってしまうのは当然です。フロアで落ち着いて過ごすことが出来るようになったら、もう1頭の犬との触れ合いに移るようにしましょう。

触れ合い

フロアで、落ち着いて過ごすことが出来るようになったら、触れ合いをさせてみましょう。念のため、最初はやんちゃな性格の犬にはリードを付けておきましょう。まずは、短い時間で徐々に時間を伸ばしましょう。

最初は、お互いに様子を見るような行動が見られるでしょう。もし、興奮するようでしたらリードをうまく利用してください。慣れてくると、お互いを受け入れて一緒に遊ぶようになるでしょう。
様子を見ながら、少しずつ、2頭が触れ合える時間を長くしていくとよいでしょう。

まとめ

犬同士が一緒に遊ぶためには、少し時間がかかる場合があります。トレーニングが必要になる場合もあります。性格が違う犬の場合には、激しい遊びがエスカレートしてケガをしてしまわないように、人が良い方向へ導いてあげましょう。

 

多頭飼い!性格の違う2頭が仲良くするには?~1