ドッグホテル 日中預かり 1000円 03-6240-0787

【柴犬】 5歳11ヶ月 オス お散歩時トラックが苦手になった!同じ散歩道を同じように歩いて欲しい!!

【柴犬】 5歳11ヶ月 オス お散歩時トラックが苦手になった!同じ散歩道を同じように歩いて欲しい!!

LINE@犬の無料相談に寄せられた質問に対する回答をご紹介します。

静岡県にお住いの、5歳11ヵ月の柴犬の男の子の飼い主さんからのお困り事です。
「急にトラックを怖がるようになった 以前と同じ散歩道を歩きたい」

同じようなお悩みをお持ちの飼い主さんもいらっしゃると思います。
どうぞ最後までご覧ください。

 

【柴犬】 5歳11ヶ月 オス お散歩時トラックが苦手になった!同じ散歩道を同じように歩いて欲しい!!

【柴犬】 5歳11ヶ月 オス お散歩時トラックが苦手になった!同じ散歩道を同じように歩いて欲しい!!

お困りごとの内容

飼っている柴犬ですが、1ヵ月ほど前から急にいつものお散歩道を歩きたがりません。
なぜか急に、トラックを怖がるようになってしまいました。

特に何か恐怖心を覚えるような事は無かったと思います。
とにかくトラックが通ると腰が引けて、逃げるような仕草を見せます。

試しにお散歩道を変えて、トラックがあまり通らない所に行ったところ、そこでは普通に歩きました。

本当ならそこの道をずっと歩いてあげたいのですが、とても犬嫌いの人の民家があり、犬の周りに侮辱するような立て看板があったりするので、そこは通りたくないというのが、本音です。
なので、以前と同じ散歩道を行きたいのですが、同じように歩いてくれるにはどうしたら良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

トラックを怖がらなくする方法

【柴犬】 5歳11ヶ月 オス お散歩時トラックが苦手になった!同じ散歩道を同じように歩いて欲しい!!

トラックに慣れさせる

散歩中にトラックを怖がっているという事なので、まずは慣らしてあげる必要があると思います。

飼い主さんも「特に何か恐怖心を覚えるような事は無かったと思います」とおっしゃっているので、何がきっかけで、トラックを怖がるようになってしまったのか?理由は定かではありません。
また、本当にトラックを怖がっているのかという点もわからないのですが、何か嫌な経験をした事が考えられます。
その嫌な経験が何なのか、特定して頂く必要もありますが、愛犬がトラックを嫌がっているのであれば、最初はトラックを避けて頂く必要があります。

お散歩自体は問題なく出来るのであれば、トラック以外の物、

  1. 乗用車は大丈夫なのか?
  2. バイクは大丈夫なのか?
  3. トラックの何を怖がっているのか?

など、確認して頂く必要があるのかなと思います。

トラックの大きさに対して怖がっているのであれば、トラックと比較すると小さい乗用車から慣らしていく必要があります。
犬にいきなりトラックを見せてしまうと、恐怖しかないので、徐々に慣れさせていきましょう。

犬は大きな音が苦手

ご相談者さんの犬は、「トラックが通ると腰が引けて、逃げるような仕草を見せます」とありますが、犬は聴覚が発達しているので、大きな音が苦手です。

救急車やパトカーのサイレン、雷の音、花火の音などの大きな音に反応します。

サイレンは、いつ鳴るのか予測することは出来ませんし、自然現象である雷の音や豪雨の音などは、避けることは出来ません。
トラックが通る時の轟音が苦手な犬も少なくありません。

音も、慣れさせる事で克服することが出来ます。

散歩ルートはこまめに変える

散歩ルートに関してですが、同じ場所ばかりを散歩してしまうと、引っ張り癖の原因になります。
犬は、予測をするので、次はこっちでしょ、こっちでしょと、道を予測します。

また、犬は縄張り意識があるので、マーキングをしたがります。

以前と同じ散歩道を通りたいと希望されているので、同じ道の逆ルートでも構いません。

お散歩ルートはこまめに変えましょう。
犬が神経質にならずに、お散歩することが出来ます。

様々な環境に慣れる

【柴犬】 5歳11ヶ月 オス お散歩時トラックが苦手になった!同じ散歩道を同じように歩いて欲しい!!

トラックを怖がるという事なので、臆病な性格なのではないかという印象を受けました。
臆病な性格の犬は、様々な環境に徐々に慣らしてあげる事をお勧めします。

まだ5歳なので、まだまだ慣らす事は出来ます。

嫌な物、苦手な物を克服するためには、逃げていても仕方がないので、何をしていけば良いのかを見極めていく必要があります。
犬が苦手とするものはトラックに限らず、人が嫌いだったり、犬が嫌いというケースもよくあります。
犬が通るたびに吠えたり、人が通るたびに吠えたりという事もよく聞くので、このような場合にも、苦手な物に慣らす必要があります。
苦手な物に接しないように、人がいない時間帯に歩こうとか、前から人が来たから避けるという方法では、根本的な解決にはなりません。
嫌な物から逃げるのではなく、少しずつ慣らして行きましょう。

慣れさせる際の注意点

愛犬の苦手な事や物を克服することは、簡単な事ではありません。
周りに迷惑がかからない程度に、徐々に慣らしてく事が必要になります。

ご相談頂いている犬に関しては、トラックに対して吠えかかるような事はなく、腰がひけて逃げるような仕草を見せているだけのようなので、周りに迷惑をかける事はないでしょう。

慣れさせる際の注意点として、絶対に無理はしないで下さい。
「大丈夫だよ」と言って、トラックなどの苦手な物に無理やり近づける事はせずに、愛犬のペースで少しずつ慣らしてください。
無理をしてしまうと、苦手な物がより嫌いになってしまいます。

苦手な物に慣れさせる期間としては、最低でも、1ヵ月以上の時間をかけて、様子をみましょう。
まず最初は、遠目から見たり、音に慣れさせるなど、徐々に近づけるようにして下さい。
最終目標は、トラックが通り過ぎる事に設定をしましょう。

まとめ

愛犬に苦手な物や事がある場合には、時間をかけて徐々に慣らしていく必要があります。
・徐々に慣らしていく
・無理は禁物
・1ヵ月以上かけてあげる以上3点に注意して下さい。
まだ5歳なので、十分に慣れさせる事は出来ます。

お散歩のルートに関しては、引っ張り癖の防止やマーキングによる縄張り意識を無くす為にも、同じ道を逆から通るという方法でも良いので、変える事をお勧めします。